お見合い写真と実物が違うと言われないために

HW085_L

私の相談所では今年の前半に何組かのカップルが一斉に交際に入り、

ここにきてご成婚ラッシュ☆

来月は、男性会員さんのご成婚が決まっています。

嬉しい、嬉しい、会員さんの新しい人生の門出です。

さて、今回のご成婚組にはある特徴があります。

その特徴とは?

それは、お相手がお見合い写真より実物の方がずっと素敵だったことです。

もちろん、元の写真もきちんと撮れていますし、何にも問題はありません。

ただ、現代は”お見合い写真は命”とばかりに、かなり力を入れている相談所

が多くなりました。 具体的には、スタジオ撮影で何百枚も撮った中の一枚を選んで

それをプロフィールに使います。 といって、奇跡の一枚を選ぶというわけではなく

その人らしいのを載せるわけです。

ですから、そういう写真と比べるとどうしても見劣りする写真があります。

ただし、これが良い方向に作用するきっかけになることが数多くあるのは本当の話。

というのは、お見合いというのは、どんなにプロフィールが素晴らしくてもお会いして

みないとわからないからです。

特にプロフィール写真。 満面の笑顔で映っている人を見ると、その段階から想像が膨らんで

いくもの。 それほどビィジュアルというのは力を持っているのです。

ところが、当然のことながら実際に会うのがお見合いですから、写真通りにはいかない

場合も多々あります。

そうなると、どういうことになるのかと言うと、期待値が高いだけその後はどんどん気持ちが

盛り下がっていくのです(苦笑)。

だからこそ、自分のお見合い写真が笑顔なら、お見合いには笑顔で現れること。

それが緊張のせいだと思いますが、硬い顔をしている人が多いのです。

実にもったいない。

それだけで、写真と違う!となってしまうのです。

そうすると、その段階からぐんぐんと点数が下がっていきます。

良い写真が撮れたと自己満足するのはいいのですが、問題はその次。

とても大事なことは、実際の自分を写真のイメージに近づけることです。

あなたは人前で笑顔になるのは苦手かもしれません。 けれど、写真は満面の

笑顔で映っていますよ。 そこには自分では気がついてないあなたがいるのです。

それは、まぎれもないあなた。

きっとあなたも婚活のためにプロフィール写真に挑戦しなければわからなかったはず。

自分が素敵な笑顔の持ち主だということが。

ならば、あなた自身を写真のイメージに近づけましょう。

それはあなた自身の一部なのですから、出来るはずです。

 

 

 

 

 

あなたは恋愛マニュアルの基本を既に知っていた

本屋さんに行けば恋愛マニュアルがたくさんありますが、これ!といった

決定的なものはないですよね。

ま、一冊読めば大体のところはわかるのではないでしょうか。

あとは、実践から学ぶのみです。

しかし、実はあなたは既にモテに関してのテクニックを教えてもらっていたのです。

えっ、いつ!? って。

それは、あなたが小学生の頃です。

学校の先生からこんなことを教えてもらいませんでしたか?

・ ”おはようございます””さようなら”と大きな声で言いましょう

・ あいさつをしっかりしましょう

・ ”ありがとう”とちゃんと言いましょう

・ ”ごめんなさい”をちゃんと言いましょう

・ ”はい”とお返事をきちんと言いましょう

・ お礼はちゃんと言いましょう

・ 人が話しているときは、きちんと聞きましょう

・ 自分がされてイヤなことは人にしてはいけません

・ お友達と仲良くしましょう

・ 年下の子にやさしくしましょう

・ 困っているお友達の手助けをしましょう

・ がんばった子には褒めてあげましょう

・ 素直になりましょう

・ 思いやりを持って人と接しましょう

・ ウソをつかないようにしましょう

などです。

これらは、コミュニケーションの基本中の基本ですね。

モテへのテクニックはここから派生したものです。

すごくシンプルですね!