月別アーカイブ: 2017年1月

婚活にも通じる、お金ドクターが語る「お金と時間」貧乏からの脱出法

先生

ファイナンシャルDr.(ドクター)の北川邦弘さんの記事である

「『お金と時間』貧乏からの脱出法」が婚活している人にとっても

興味深いので、ご紹介させてください。

北川さんは、「どんな人生を送りたいですか?」の問いにもし考え込んでしまうなら、

マネープランをもう一度組み直した方がよいと言います。

それは、人間は思考と言葉からすべてが始まるため、ベースとなる土台

がきちんと固まっていないのに、その先のことを上手くやろうというのは

無理な話だからだそうです。

自分がどんな人生をおくりたいのか、何のためにお金を貯めたいのか。

自分自身の”軸”や”ビジョン”と向き合っていない状態で、小手先のテクニックばかり

身に着けようとするから納得感が得られなかったり、うまくいかないといった

”ちぐはぐ”が起こってしまうと書かれています。

さらに、自分がどうしたいのか定まっていないから、何が有意義な情報なのかも

わからなくて、ただ、流れに乗り遅れまいと氾濫する情報に飛びついて、

次から次へと目移りを繰り返すことになると。

北川さんのところに相談に来る人に、「何のためにやっているんですか?」

「お金を貯める目的はなんですか?」と聞いても、「やらないと乗り遅れるから」

「なんとなく不安だから」と、言う人が多いのだそうです。

北川さんは、マネープランを練る前に、時代がどうとか、平均や世間はどうかと

いうことを基準にするのではなく、”自分はどうしたいのか”を自分に問うべき

だと言っています。

私が北川さんの記事に注目したのは、婚活も同じだなと思ったから。

まず、「自分はどういう人生を送りたいのか?」の問いがぼんやりしている人は

「自分はなぜ結婚したいのだろうか?」の問いにも考え込んでしまう人が

多いのです。

こういう人に、「どういう人と結婚したい?」「どうしても譲れない条件は何?」と

聞いてもしどろもどろ。

マネープランと同じで、自分がどうしたいのかが明確でないから、いろいろな人と

お見合いしても「この人、何となく違うなー」を繰り返します。

これじゃ、引き寄せの法則も働きません。

マネープランも婚活も自分と向き合ってビジョンを固めることから始めた

ほうがよいということですね。

(写真はイメージです)

 

 

人とのコミュニケーションを良好にする”二つの言葉”とは?

???????

あなたは人間関係を良好に保つ、ある二つの言葉をご存知ですか?

それは、”ありがとう”と”ごめんなさい”です。

とってもシンプルなのですが、人間関係を築く上で基本中の基本と

言っても過言ではありません。

そして実は、家族など身近にいる人ほど伝えるのがむずかしい

言葉なのです。 してもらって当たり前になってしまうのですね。

何といっても、日頃から感謝の気持ちが薄い人は、他人から何かして

もらっても”ありがとう”の言葉が出てこない。

つまり、人からの好意を受け取る力が弱いのです。

こういう人はどんなに人当たりが良くても、付き合っているうちに

だんだんと関係がぎくしゃくしてきます。

それほど”ありがとう”は、人の心に浸透する言葉なのです。

ずい分前にある方から聞いた話ですが、仕事や私生活の疲れから精神的、

肉体的に不安になり、医者の処方してくれた薬を服用しても

なかなかよくならなかったそうです。

その方がたまたま読んだ本に疲れた心、身体に”ありがとう”と毎日

言うと良いと書いてあったとのこと。

それで、藁にもすがるつもりでそれを実行したところ、何カ月後には

心身がすっきりとしてきたそうです。

そのお話を聞いたとき私は、感謝の言葉である”ありがとう”は、人の心、

身体に浸透していき癒してくれる言葉なのだと確信しました。

それから、結婚して子供が生まれるとどうしても夫婦の会話が少なくなります。

夫のことは二の次になってしまうのは、ある程度は仕方のないこと。

しかし、それが加速して定着してしまうと、コミュニケーション不足になり、

夫婦仲が悪化するということにもなりかねません。

そうならないためにも、たった二つの基本中の基本の言葉”ありがとう”

”ごめんなさい”を大切にしたいものです。

もし、あなたがいままで”ありがとう”をあまり言ってこなかったなら、

まずはコンビニの店員さんにレジで品物を受け取るとき”ありがとう”

と言ってみて。 最初は形からでもいいのですから。

もう一つの大事な言葉である”ごめんなさい”は、謝罪の気持ちを表す言葉ですね。

「自分が悪いというのは分かっているけれど、素直に謝ることができなかった・・・」

と後悔した経験が、あなたにもありませんか? きっと誰にでもあると思います。

身近な人に素直に自分の過ちを認めることは、ときにはすごく悔しかったり、

恥ずかしかったりするものです。 それを何となくそのままに過ごしてしまうと、

それが人間関係の見えない”壁”になってしまうのです。

このように、”ありがとう””ごめんなさい”はすごく大切な言葉なので、

意識しなくても自然に、口に出して表現できる自分になりたいですね。