月別アーカイブ: 2017年3月

若い女性と結婚して可愛い子どもを持ちたい

困難 男性

私が仲人になった18年前、男性40代で女性20代か30代前半の

縁組が、もちろん、数少なかったですがあるにはあったのです。

年の差で言うと、10歳以上。

男性たちは年収も学歴も会社も条件が整ったスペシャルな人でした。

ところが、現代は昔と同じ条件だったとしても、お見合いすら組むのが

むずかしくなっています。

年収が1000万円超えで、持ち家があって、多少の財産があっても

お見合いに難色を示す女性が少なくありません。

なぜなら、女性が仮にそういう人と結婚したときのシュミレーションをしっかり

とするからです。

例えば、子供が20歳になったとき、男性は60代で自分は40代。

その時、既に定年しているから、暮らしは年金と貯蓄。

持ち家と財産が多少あったとしても、老後に不安があると言うのです。

何より、それだけ年の離れたパートナーとうまくやっていけるかどうか。

年齢差がある男性との未来をどんよりと雲がかかったように予想してしまうのですね。

本当に彼女たちの現実を見る目は厳しい上に鋭い。

それならば、年収は500万円代でも自分より5歳くらい上の人を選ぶ方が

未来予想図が描きやすいのです。

こんな具合ですから、40代男性で若い女性を奥さんにしたい願望を

持つと婚活で苦労することになります。

それでも、自分の夢をあきらめるわけにはいかない。

そういう男性には自分の描く未来図には若い妻と可愛い子どもがしっかりと

インプットされているのです。

けれど、夢と現実は平行線で一体どこまでいったら交わるのか。

それでも、彼らは夢を追い求めていくのです。

 

 

 

 

男性の「理想の人のリストアップ」

男性 男性 男性

最近、婚活ワーク「理想の人のリストアップ」を行いたいという男性が

増えてきています。

その前はというと、希望されるのはほとんど女性の方でした。

それが、どうしたわけか男性の方が積極的にぜひ!と志願者が続いています。

私はずっと、こう思っていました。

それは、婚活を始める前に「そもそも自分にピッタリの女性はどんな人

なのか」を一旦よく考える、という、女性であればおそらく多くの人がやっている

ことを、しっかりやったほうがよい、ということです。

というのも、男性はパートナー選びが自分好みのタイプにこだわる傾向が

あり、それが決め手になる人も実際少なくない。

もちろん、これは悪いわけではないのですが、自分の生き方や仕事を

きちんと理解してくれているのかをきちんと見極めているのかどうか・・・。

それ以前に、自分自身の人生観について深く考えたことがあるのかどうか・・・。

現代は昔のように安定企業ならば一生安泰の世の中ではなくなっているし、

年収も右肩上がりの時代はとっくに過ぎ去りました。

だからこそ、自分のライフプランをしっかり考える必要がでてきているのです。

まず、自分の理想の生き方と、理想のパートナーをよくよく考える、ということ

が大事になってきています。

言うまでもなく、結婚によって人生は大きく変わります。

結婚する相手に求める「条件」にはいろいろあるでしょうが、最も望ましい

ことのひとつは、「相手の女性が、自分の人生や仕事についての考え方を

ちゃんと理解してくれる」ということです。

「人生観」のまったく合わない人とは、一緒に長く暮らすことは難しいもの。

また、人生のなかで大きなウエイトを占める「仕事」についての考え方などを

理解してもらえないと、働き甲斐がなくなってしまうかもしれません。

そういう意味でも、特に男性は、結婚するに当たって、「自分の人生」や

「自分の生き方」というものを見直しておく必要があるのです。

結婚してから「こんなはずじゃなかった!」ということにならないように、

「自分はどのような人生を送りたいのか」を婚活ワークを通して明確に

していきます。

そうしておいてから、いろいろな人に出会うと、自分に合う人がわかるのです。

それから、その時に結婚するに相応しい自分になっておくことが大事な

のは言うまでもありません。

婚活ワークで自分を見つめることは、その準備でもあるのです。