カテゴリー別アーカイブ: 婚活ワーク【リストアップ法】

【婚活ワーク】夢を現実にする「ウエディングビィジョンボード」作成

DSCN0211

昨日は婚活ワークであるビィジョン・ボードの作成を行いました。

写真はビィジョン・ボード、仕上げの段階!です。

会員さんは、シールを貼ったり、キラキラアイテムを使ったり、リボンでボードの周りを装飾したり

していました。

これを行った人全員と言っていいほど、楽しんでいます。

誰もが近未来の自分の予想図を描くのはワクワクするものです。

もちろん、それは実現十分可能なのですから。

ところで、「ウエディング・ビィジョンボード」とは何でしょうか?

それは、A3の厚紙やコルクボードにあなたのなりたい姿、ありたい姿、ほしいものなど、

夢やビジョンを目に見える資料(雑誌の切り抜きなど)を貼って夢を叶える、

最強のツールです。

写真で具体的に目にするのと、頭で思い描くのとは、全然パワーが違います。

写真の影響は文字の100倍と言われているのです。

私はその話を聞いたとき、「えっ、ホントかなー?」という感じでしたが、実際に

ビジネスのビィジョンボードを作成してデスクの横に置いて毎日目にしていました。

そして、一年後。

改めてボードをよく見たら、ほとんど叶っていました!

これには、驚き。 中でも、オフィス移転はボードを描いたときには私の中には

まったくと言っていいほどその気はありませんでした。

しかし、どういうわけか去年の後半に良い物件と出会い、あっという間に決まって

しまいました。

実は作成する時に、なんとなく、陽の光がさんさんと降り注いでいる明るい一室の写真を

ビィジョンボードに貼ったのですが、毎日見ることでもともとあった潜在意識が

覚醒してきたのでしょうか。

まさに現実となったのですから。

新しいオフィスは南東に位置していて陽がさんさんと入ってきて、風通しがよく明るいです。

毎日眺めていた写真とよく似ています。 私が驚いたのは言うまでもありません。

このようにビィジョン・ボードの力を目の当たりにした私でした。

あるご成婚された会員さんはビィジョンボード通りのウエディングドレスを実際に着ましたし、

婚約指輪をボード通りにオーダーしました。

ということは、旦那さまが彼女の夢を叶えてくれる心の大きな、かつ余裕のある人であったということです。

これは、理想の人のリストアップ通りの人だったということ。

つまり、ウエディング・ビィジョンボードと理想の人のリストアップはリンクしているのです。

だからこそ、婚活ワーク「理想の人のリストアップ」は、ビィジョン・ボードを作成

するところから始まった方が理想の人のイメージがしやすいのです。

DSCN0212

さ~て、ウエディング・ビィジョンボードの出来上がり~♪

テーマは、「家族」、「家族の絆」。

会員さんの夢は必ず実現することでしょう!

DSCN0215

会員さんから紅茶をいただきました。

この紅茶の名前は「マリアージュ」。

フランスの紅茶ですが、お馴染のルピシアの紅茶「ウエディング」

と違って、フルーティな香りなのですが、フェロモンを感じますね~☆

ルピシアのは、どこまでも爽やかなお味で万人向けかな。

こちらの紅茶はクセになりそうです。

 

 

 

 

 

 

【婚活ワーク】理想の人のリストアップ ー 理想の人をどんどん書き出す

cimg3373

【リストアップ法】とは、

自分の理想とする結婚相手の条件をリストにしていく方法

自分が本当に望んでいる要素が明らかになり、

理想の結婚相手を引き寄せるためにとても有効です。

まずは、「今現在の理想のタイプ」 好きだと思う容姿や性格、行動などを

箇条書きにします。 とにかく、どんどん思うままに書いていきます。

といっても、実際にやってみるとわかるのですが、なかなか思うままに

書けないものです。 そこで、私がいろいろ質問して進めていきます。

例えば、その人の過去に起こったことを質問されることによって、

出来ればしっかりと向き合った方がよい場合が多いのです。

そうすると、「これまで活かせなかった過去が逆に生きてくる」という

状態が徐々に生まれてきます。

過去を活かした延長戦上には良き未来が必ず待っています。

だからこそ、「過去に得てきた本質的な気づき」には、しっかりとこだわりを

持って活かすことが大切だと私は考えているのです。

その意味でも、リストアップすることは気づきを確認することでもあります。

こういうふうに私が適切な質問をすると、どんどん思うままに書けるようになるのです。

リストアップは、この最初の書くところが一番大変。

私は人は誰でも自分のことは、意外にわからないものだと思っています。

だから、リストアップしないと、自分の本当に大切なものを見落とす

恐れがあるのです。

ひとしきり書いたら、今度は付箋紙にどんどん書いていき、それらを似ている

要素ごとに、まとめていきます。

例えば、「やさしい人」のような抽象的な言葉は、「まとめ言葉」「タイトル」です。

「やさしい人」の中身、「荷物を持ってくれる」「話をよく聞いてくれる」などを

「タイトル」の下に貼り出していきます。

第一弾はここまでです。

(写真は私の質問からどんどん書き出しているところです。)