体の感覚が教えてくれるゴーサイン

HW032_L

婚活している誰もが悩みとは無縁でいられないものです。

例えば、付き合っている人がいるのだけれど、どうしてももう一歩

進むことが出来ないことがあります。

その人にどこと言って欠点が目立つわけでもないし、条件もいいのに

なぜか前に進むことを何かが防いでいるような感じなのです。

こういうときは、自分自身でどうしたらよいかわからないもの。

そんな場合、あなたの気持ちを探るよい方法があるのです!

知りたいと思いませんか?

それは、自分の体の感覚に注意を向けてみるのです。

例えば、昔ある男性会員さんが、交際中の非の打ちどころもない女性に

感じる体の感覚が「胸のあたりに大きな石がある」ような感じだと言うのです。

この感覚が結婚まで一直線にいきたくても、その道を塞いでいるとのこと。

つまり、彼には彼女が完璧すぎて堅苦しさを感じてしまっていたのです。

それが、頭では「こんな素晴らしい女性はいない」と考えてしまいますが、

身体は本当に正直なのです。

ある人は、どこも悪くないのに胃のあたりがキリキリすると訴えました。

その人の場合も、やはり交際中の方との相性で悩んでいたのです。

頭ではゴーサインが出ているのに、身体からゴーサインが出ないのですね。

このように、身体の感覚というのはとても正直なものです。

だから、もしあなたが悩んだときには、頭で考えて、今度は身体の感覚に

注意を向けてみる。 そうすると、何かあるのなら、身体がきちんと教えてくれます。

物事がうまくいくときは、頭もオーケイ、身体もオーケイになるはずです。

そうなれば、スムーズにご成婚~☆

 

なぜ大人になると笑顔が少なくなるのか

HW085_L

以前男性向けの婚活セミナーを仲人として見学したことがあります。

その時、男性講師が婚活男性全体に言えるのは、ズバリ

”笑顔が足りない”と力説していました。

そのためには、顔の筋肉を柔らかくすることが大切だそうです。

そのことは正論に違いないのですが、いくら笑顔、笑顔と言っても、日頃あまり笑わない人の筋肉は

固まっていて、笑顔になれといってもすぐにはなれないのです。

それを、無理に作ろうとすると、引きつってしまい不自然な表情になってしまいます。

だから、まずは顔の筋肉体操なのだそうです。

これ、本当に大事だと思います。

このセミナーに参加して私が思い出したのは、以前お会いした男性会員さんのことです。

その方は幼児学習関係のお仕事をされていたのですが、彼の研究テーマは

「人は大人になると、なぜ笑わなくなるのか?」でした。

彼によると、3歳児は一日平均300回ほど笑って、大人になると約20回しか

笑わないとのこと。

もちろん人によって個人差はありますが、大人の笑顔はとても少ないなぁと感じました。

だから、笑顔の多い人は人を魅了するのですね。

それじゃ、なぜ笑顔が少ないのかなと考えた時に、大人になると本当は

楽しくて笑いたいのに、子供みたいにはしゃぐのが恥ずかしいとか、大人げないとか、

何とか理由をつけて、どこかでブレーキをかけているんですよね。

笑顔に自信がないから、つい無表情になってしまう人も少なくありません。

あなたも私も子供の頃は友達や兄弟とふざけあって、年中笑っていました。

その頃のことを思い出すと、本当に大人になると笑うことが激減したと思いませんか?

そして、そのまま婚活の舞台にデビューしても、硬い表情のまま出会うことになります。

人との出会いは何といっても第一印象が物を言いますから、やはり苦戦するかも

しれません。

笑いの効果は、体の免疫力を上げると言われていますし、笑顔が多い人は

周りの人をハッピィにするのです。

ですから、もしあなたが笑顔が少ないと思うなら、意識して顔の筋肉をやわらかく

したり、鏡を見て笑顔の練習をしたりするといいと思いますよ。

それから、子供時代を思い出してみて。

お友達と笑い転げた時代を思い出すと、自分にもあんな時があったんだと

懐かしくなるでしょう。 その時の幸福感を思い出して。

笑顔というのは、自分も人も幸せにするのです。

ならば、今から意識して笑顔を多くしませんか。