月別アーカイブ: 2015年9月

距離と時間をうまく生かして心を整える

婚活しているあなた、うまくいかない時期が続くと、気持ちが重くなりませんか?

歩いているときでも、気がついたら婚活のことが頭から離れなかったり・・・。

私がいつも言っているように、「ジャジャーン、○月○日、お相手が現れます」と誰にも

わかりません。

別の見方をすると、婚活をしている限り、不安と焦りから解放されることはないのです。

だからこそ、自分自身で上手く気持ちを切り換える術を持つことが大事。

私が今日読んだ本『怒らない禅作法』 枡野 俊明著があなたの

お役に立つかもしれません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お寺や神社には、なぜ長い参道があるのか知っていますか?

山門(お寺の門)から本堂、鳥居から社殿までが参道で、山門や鳥居は俗世から聖域

へと切り替わる「結界」です。

結界を過ぎたらきっぱりと人の気持ちも切り換わればいいのですが、実際はそういう

ものではありません。

そこで、一定の距離を歩くことで徐々に気持ちを静め、穏やかな気持ちで神仏の

前に立てるように、参拝者の気持ちを「俗」から「聖」へと切り換える役割を参道が

果たしているのです。

距離と時間をうまく生かして心を自然に整える。

先人の素晴らしい知恵に感服させられます。

この知恵を、毎日の生活に生かしましょう。

自分で結界と参道を作って、仕事や人間関係に翻弄される「俗(仕事)モード」

から、心静かに自分を見つめる「聖(リラックス)モード」へ切り換えるのです。

実際に鳥居や参道をこしらえろということではありません。

頭の中で、「ここが結界」「ここからは参道」と決めるだけで十分です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分なりの「結界」を作り、結界を過ぎたら、気持ちを切り換えるという

ルールを自分なりに決めるということですね。

参道を歩くイメージをして、緊張やストレスを少しずつ落としていく。

「気分の切り換え」が上手になりたい私も大いにためになった本です。

けれど、参考になっただけではダメ。

すぐに実践したいですね。

 

 

神社にお礼の参拝

CIMG2646

毎週火曜日は定休日です。

オフィスの近くで可憐に咲いているコスモス。

華奢な茎から繊細な花弁が美しいコスモスの花言葉は、「乙女の心、真心、調和」だそうです。

コスモスにぴったりのイメージですね。

さて、今年はここにきて、嬉しいご成婚ラッシュ。

何事も波があるようで、来る時は一遍にドドッーッときます。

線で表現すると、いい時とそうじゃない時が波型になっているのです。

だから、低迷期があるのは当たり前。 その時をどう過ごすかによって

次のいい波が来た時、上手に波に乗れるかどうか、いかに高い波を捉えられるか決まります。

だから、不運な時期でも動きを止めずに、やれることをやらねば!

そんなことを思いながら、いつも見守って下さっている神社にお礼の参拝に行きました。

CIMG2648

今回はたった一回のお見合いでご成婚した方がいらっしゃいました。

これは、本当に珍しいこと。

きっと、その方は「決める!」という覚悟で入会されたのだと思いますが、

それにしても私がいつも言っていることですが、ご縁の神様の後押しなしには

ご成婚はないと言っても過言ではないのです。

本当に決まるご縁は、追い風がどこからか吹いてくるのですから不思議。

神様がいらっしゃるとしか思えないのです。

私は心を込めて神様の前で長いこと手を合わせていました。

「○○さんが、ご成婚しました。ありがとうございます」と心の中で唱えながら。