作成者別アーカイブ: admin

シフト勤務の人が結婚に至るまでどう努力する?

昨日は夜のお見合いがありました。

女性会員さんと予定開始30分前に待ち合わせて、平日の

人の少ないロビーでのんびりとお喋り。

ティールームのお席を余裕で確保できるはずが、そこはケーキブッフェの真っ最中。

何と全席埋まっていました。 なんせ通路にまで席を設置してあるのですから(笑)。

平日なのに、すばらしい集客力。 さすがケーキブッフェ。

さてさて、昨日のお相手はシフト勤務の方で土日勤務平日休みです。

そうなると、その方の休みにこちらは時間を合わせるしかありません。

ですから、仕事帰りのお見合いとなります。

それから、交際に入っても土日にデート出来ないなど、通常勤務の人に

比べるとハンディがあります。

そこをいかにして乗り越えるか、です。

少し前に私の相談所で、お互いにシフト勤務同士のご成婚が決まったのですが、

彼らがどうしてデートしていたのか、知りたいと思いませんか?

まずは、お見合い。

お互いのシフトを調整して、夜にお見合いしました。

そして、交際。 ここからが大きな山です。

だって、二人の休みがばらばらなのですから。

そこから、どう会う工夫と努力をするかで交際の行方が決まります。

お二人は、何とか時間のやり繰りをして、ほんの一時間でも二時間でも

会うようにしていました。

長い時間会うことが出来ないので、ならば一時間、二時間を何回も重ねて

いくわけです。

心理学で”単純接触の原理”というのがあって、繰り返し接触すると

好意度や印象が高まる効果のこと。

要するに、会えば会うほど好きになるということですね。

ですから、長い時間会えなければ、短時間を重ねる他はないのです。

シフト勤務の人の交際は、これが出来るかどうか。

それには、体力的にも負荷がかかりますし、努力が必要です。

シフト勤務に夜勤があると、これまた大変。

けれど、そんな状況でもご成婚した人は夜勤明けに少しの時間でも

会っています。

これがずっと続くのならばきついと言わざるを得ませんが、相談所の婚活は

短期間勝負です。 だから、きついの時間がないのと言い訳が出るようになると

交際は限りなくジ・エンドになります。

だから、ある意味、土日休みの人より「結婚する!」という決意を強く持たなければ

なりません。

堅い決意の前には、必ず道が開けてきますから。

DSCN0107

横浜ベイシェラトンホテルのロビーに飾られていた桜。

まだ蕾です。早く桜満開が見たいですね。

 

 

 

 

 

「ご成婚に近い人」ってどんな人?

HW085_L

私は、仕事柄、どういう人がご成婚が決まりやすいかと

あちこちで聞かれます。

答えは決まっていて、

・ 「結婚する!」と決めている人

・ 身体も心も結婚する準備が出来ている人

・ 素直な人

3つ挙げてほしいと言われたら、これらです。

素直な人というのは、人間の生涯変わらない美点の一つ。

例えば、男性が私の相談所に入会したとしましょう。

素直な人とは、具体的にどういう人かと言うと、

・ 身体に合ったスーツが必要だと言われればすぐに買いにいく

・ 女性に好ましいと思われる外見を知ろうとする

・ コミュニケーションをいちから学ぼうという姿勢がある

・ マニュアル本を読む

(婚活をしながら、婚活関連の本を一冊も読んだことがない人が多い)

・ カウンセラーの言うことに耳を傾ける

・ もちろんご成婚がゴールですが、婚活を通して成長しようとする

意欲が貪欲である

などです。

これらは、婚活を機に自分の心を真っ白にして、そこから絵具で色づけをして

いくようなもの。

そこには、真っ白なキャンパスに”どんな絵が描けるかな”というワクワク感♪があります。

婚活を通して未知の自分に出会えるのですから、期待で胸がいっぱいに

なるはず。 もちろん、いいことばかりのはずはなく、傷つくことが多々ある

のは覚悟しています。

そういう素直な人がご成婚に近い人です。