カテゴリー別アーカイブ: □男女の脳の違い

「教えて、男女の脳の違い 2」

バスケットボールの試合から帰った息子。


私との会話をちょっと聞いてください。


「今日の試合、どうだった?」 と私。


「うん。勝ったよ」 と息子。


「うわ~ よかったね☆ あなたは何点入れたの?」


「僕は大したことないよ。調子よくなかったし」


「コーチは喜んだでしょう」


「うん」 


矢継ぎ早に話かけようとする私に


「ねえ!ご飯にしてよ!」 の一言。



なんともそっけのない会話ですよねぇ(笑)。



同じ質問を女性にしたらどうでしょうか?


多分、前半は押されていたけれど、だんだん調子がよくなってきた


とか、○〇ちゃんのシュートで逆転したとか、


勝った試合のプロセスを語ってくれるでしょう。



その日あったことを話したがる女性と、


それを面倒くさがる男性。


至るところで目にする光景です。



なぜ、会話がかみ合わないのでしょうか?



それは、



女性の脳は会話中、左脳、右脳とバランスよく働きます。


感情(右) と 情報(左)を交えながら会話をするので、


何があったか、という単純な事実だけでは満足しないのです。


その事でどう思ったのか? 何を感じたのか?


感情を交えた話を聞きたいと思っているのです。



一方、女性に「どうだったの?」と聞かれた場合、


男性は「こうだった」と事実のみを伝えます。


そのため女性から「それで?」 と、感情を交えた


感想を促されても、「何が?」とトンチンカンな受け答えに


なりやすいのです。



男性は、感情を交えて話そうとすると、


いったん頭の中で整理しようとします。


だから、女性が矢継ぎ早に質問すると、


言葉に詰まってしまう場面が見られるのですね。



そこで、男性の方に提案です☆


もしも、自分にもこの傾向があるな と思ったら、


今日あったことのあらすじを言ってみるといいかもしれません。


たとえば、バスケットボールの試合なら、


・前半は、皆調子が出なくてさんざんだった


・〇○がシュートを決めてから流れが変わった


・後半は動きがよくなってきた


こんな風にあらすじを話すだけでも違います。


たったこれだけのことなんですけれど、男女の会話が


スムーズにいきますから、試してみてくださいね♪



オフィス悠のHPも見てくださいね☆

  ↓  ↓  ↓  ↓

神奈川(横浜)東京の結婚相談所「オフィス悠」

















「教えて!男女の脳の違い 1」

いくら仲が良くても、どんなに連絡を密にしていても


どこかすれ違ってしまう私たち。


あの人とどうしてわかりあえないのだろう、


見えない壁があるように感じる


と、はがゆく思っている恋愛中のカップルは多いでしょう。



前回は、男性は女性ほど細かいところを悩んでいない 


ということを書きました。



今回は、ちょっと男女の脳の違いについてお話をさせてください。


大脳が右脳と左脳からできていることはご存知ですよね。


この左右の脳をつないでいるのが、脳梁(のうりょう)です。



【ココロが読める恋愛会話術】(米山公啓著) によると


ここ数年、回線も発達し、ISDNから今はブロードバンドや光ファイバー

になり、びっくりするほど 「サクサク」と情報が処理されるように

なりました。


実は人間の脳で、この「通信回路」に当たるのが【脳梁】(のうりょう)です。


左脳と右脳をつなぐ脳梁は、それが太いほど処理能力が高くなります。


そして、男女で比較すると明らかに女性のほうが大きく、

それこそISDN(男性)とブロードバンド(女性)ぐらい違います。


そのため女性は、同時にいくつもの行動を並行して行うのが

得意なのです。


一方、男性はこの脳梁が薄くできています。が、性能が悪いわけでは

ありません。


確かに情報処理能力が女性より落ちますが、余計な情報を排除し、

一つのことをより深く、長時間かけて情報処理する能力に

長けています。


言いかえれば女性は広く浅く、男性は深く狭く、という特徴があるわけですね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ということは、女性は一度に複数のことが出来るのに対して、


男性は一度にたくさんのことが出来ないということが


わかりますよね。


だから、常にいろいろな仕事を並行作業でこなしていかなくては


ならない会社の総務や人事に女性が多いわけです。


一方、男性が何かをやるときには、その一つのことに


自分のすべてを注ぐことができるのですね。


研究開発に没頭して新しい商品を作りだしたり、

達人と呼ばれる仕事ができるのはそのおかげです。



さて、さて、女性の方からの相談ですが、


別にケンカしたわけではないの。でも急に連絡が減ってきた。


彼は仕事が忙しいと私のことなんて見てくれない。


私はどんなに忙しくても常に彼のことを考えているのに・・・


寂しい、会いたい、声を聞きたい・・・


「私がこんなに彼のことをおもっているのに、彼は何を考えているの?」


と、悩んでいる方は結構多いのです。



答えは、多くの場合、彼は仕事に没頭しているんです。


没頭している時は、中断されることを嫌い、食事をすることすら


忘れてしまう人もいるくらいです。



ですから、メールもしない、連絡もしない、一つのことに集中している


時には、他のことが見えなくなるわけです。


繰り返しになりますが、男性は一度に多くのことが出来ないのです。



私は、心理学を学んだり、男女の脳の違いなどを勉強するうちに、


男女がわかりあえない壁は目の前にしっかりとあるんだな


と思いました。



この壁があることを少しでもわかっていないと、


いくら相手を思っていてもすれ違ってしまうのですね。



大切なことは、その上でお互いに歩み寄る・・・ ってことです☆

 

神奈川(横浜)東京の結婚相談所「オフィス悠」












オフィス悠のHPも見てくださいね☆

  ↓  ↓  ↓  ↓