「察してほしい女性」VS「言ってほしい男性」

男と女の違い

男性は女性に、どうしてほしいか「言ってほしい」。

女性は男性に、どうしてほしいか「察してほしい」。

・・・と、男女の間には、このような図式が成り立ちます。

私は何度かブログに書いていますが、基本女性は「察してちゃん」

が圧倒的に多いです。

突然ですが、原始時代、男たちが狩りに行っている間、女たちは子供を守って

日々暮らしていたわけです。 そこは女子供の社会。

そこで何より大事にしなければならないことは、隣近所の奥さんたちと出来るだけ

合わせて仲良くやること。

だから、昔も今も女性たちは共感にとても重きをおいているという一説を

男女の違いの本で読んだことがあります。

私は、なるほど!と思ったわけですが、それと、女性は自分の要求を素直に

伝えることを、はしたないことだと思っている節があるようです。

ここで、ずい分前に実際にあった話を聞いてください。

男性が「来週のデート、何が食べたい?」と聞きました。

女性は「うーん、特別にないから、何でもいい」と答えたのです。

そうしたら、彼のチョイスしたお店はお肉料理。

女性は、”前回もその前もお肉料理だったのに、また同じ!?

信じられな~い”と、心の中でつぶやいたのでした。

本当はさっぱり系の物を食べたかったのに・・・。

この話を聞いた私は、「何で彼にハッキリと言わないの?」とばっさりと

言ったのでした。

そうしたら、彼女曰く「食事はいつも彼が奢ってくれるから、私から

あれ食べたい、これ食べたいと言いずらい。何だか悪いような気がして・・・」と。

まったく、彼女曰くじゃなくて、「察してちゃん」曰くですよね(笑)。

彼は彼女が、何かさっぱりしたものが食べたいと言ってくれれば、それなりの

お店を探したはずです。

「何でもいい」と言う彼女の心の内を、”あなたに全て任せたよ”、というように

彼は理解したのでした。 まさか、彼女の本心は文句タラタラなのを知る由もありません。

この場合、彼は彼女が素直に自分の要求を伝えてくれたらどんなに

喜んだことでしょう。

そこに彼女は自分のことを信頼してくれているんだというメッセージを

感じるからです。 つまり、彼女への愛を感じるというわけですね。

それが、彼に負担をかけないように気遣って、自分の要求を引っ込めて

しまったら、彼への愛は伝わりません。

むしろ、このような我慢が積み重なって、いつか爆発する恐れあり!です。

そして、”彼みたいに思いやりのない男はイヤ!”と彼の顔も見たくない

なんて言い出したりして。

これなどは、典型的な女性の「察してちゃん」ケースです。

この男女の違いを彼女が理解しない限り、彼と別れてもまた同じ道を

たどることになります。

ですから、男性にはガンガンお願いごとをしちゃいましょう。

ただし、素直に。

もってまわった言い方は、NGですよ。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

6月10日(金)のセミナーのご案内

『覚悟力』の著者である藤堂昌恒先生をお招きして、私のオフィスで「話し方セミナー」を行います。

少人数(募集定員10名)のセミナーですから、和気あいあいとした雰囲気で

進行していきたいと思います。

◆ 6月10日(金)

◆ 19時~21時30分

◆ 場所 オフィス悠のオフィスにて

(横浜から一駅の保土ヶ谷駅(横須賀線)で下車 駅から徒歩3分)

◆ 参加費: 3000円

お申込みはこちら