実家暮らし男性は家事力なしとオミットする女性

こんにちは。横浜・保土ヶ谷区の結婚相談所オフィス悠です。

面談しているとこのように言う女性がいます。

それは、「実家暮らしの男性は避けたいです。なぜなら、何でもかんでも親の世話になっていて家事なんてやったことがないからです。そういう人と一緒になったら共稼ぎの上、家事が私にすべてのしかかってきます。だから独り暮らしの男性を希望します」と。

なるほど。仰ることはわかります。

しかし、私が20年の仲人生活で見てきた限り、結婚したら家事を何から何まで女性任せにする男性の方が圧倒的に少ないのです。いや、そういう話を聞く方が珍しいほど。

実際に30年、40年と実家暮らしの男性であっても、結婚すると家事をやるようになります。

ある男性など、独身時代はお皿も洗ったことがなかったほど。確かに新婚当初は何をどうしていいやらまごまごすることの連続でした。

たとえば、食器を洗うときにスポンジで洗うことも知らなくて手で洗っていたら奥さんにあきれられたそう(笑)。そこで、奥さんから皿洗いのやり方を学ぶことになりました。

それから、何でもイチから奥さんに教えてもらったそうです。ゴミ出し、風呂掃除、掃除機のかけ方、洗濯機の扱い、洗剤の入れ方、洗濯物の干し方、洗濯物の畳み方など。

その結果、さすがに料理までには手が回らないそうですが、その他の家事はほぼ完ぺきにこなせるようになったそうですよ。

特に洗濯物の畳み方は下着やシャツ類などタンスを開けたときに一目瞭然になるように工夫しているとのこと。

たまたま彼のお母さんがいらっしゃったとき、陽が陰るとパパッと洗濯物を取り込み、すぐに畳んで収納している彼の姿を見て仰天したそうです。

それもそのはず。奥さんの下着までパパッと手慣れた様子で畳んでいるんですから(笑)。

このように、一例ですが他にもまったく家事をやったことがない男性が結婚したら一通りこなせるようになった話をたくさん聞いています。

中には奥さんの見よう見まででお料理まで作れるようになった男性もいますよ。

ですから、実家暮らしの男性を家事能力ゼロと決めつけない方がいいです。

要はあなたが教えるかどうか。

共稼ぎなのですから、男性も自分も戦力にならなければということは自覚しているのです。

そりゃあ、最初はあきれることが多々あるでしょう。しかし、たちまち家事能力が伸びてきますよ。そして意外と楽しんでやっている人も多いのも事実。

だから、婚活するとき、実家暮らしをオミットするのはもったいない。

 

ズーム、スカイプを使ってのオンライン相談を行っております。

お問い合わせ、ご相談は、お気軽にこちら

500人以上が効果を実感した『運命の人に出逢うための婚活ワーク』こちら

『運命の人に出逢うための婚活ワーク』オンライン版はこちら

仲人鴫原についてこちら