女性のスタイルを褒めるのが微妙な訳

こんにちは。横浜・保土ヶ谷区の結婚相談所オフィス悠です。

以前、私の相談所の男性がお見合いしたとき、女性のスタイルを褒めたのです。

「〇〇さんは、スタイルがいいですね!」と。その言葉を何回か言ったそう。

そうしたら、彼女の仲人さんより「スタイルを褒めて下さったようですが、〇〇は自分のスタイルにコンプレックスを持っているから気を悪くした」と言われてしまったのです。それが原因でお見合いをお断りされたというわけ。

これ、彼は正直に感じたことを言ったまでで、別に咎められるようなことではありません。ただ、女性というのは自分の身体の部分を気にしている人が多いのです。

 

ずい分前に、やはりお見合いで女性のスタイルを褒めた男性がいました。そのとき、彼女曰く「彼の目が私の顔から足まで見た」と。そして「私は足が太いのを気にしているのに(カチン)」と言うのです。

彼もやはり、彼女を見て正直に感じたことを言ったまで。それが、素直に受け取ってもらえなかったのです。

このことから分かることは、女性のスタイルを褒めることは微妙だということ。褒めても素直に受け取ってもらえないことが多いと言わざるを得ません。

なぜなら、男性はその人の全体を見て言っているのに、女性は自分の身体の部分のことが気になっている場合が多いからです。例えば、ヒップが大きめ、足が太目、お腹の肉が少し目立つ、太ってきた、など。

これらは例え目立つことでなくても、ご本人は気にしているものなのです。

だから、スタイルを褒めるのは難しい。

それだったら、着ている服の色を褒めるほうがよほど喜ばれますよ。

 

横浜の結婚相談所オフィス悠は横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩7分、相鉄線天王町駅から徒歩5分です。

ズーム、スカイプを使ってのオンライン相談を行っております。

来店せずにオンラインでの入会説明、契約書類郵送により入会手続きが出来ます。

お問い合わせ、ご相談は、お気軽にこちら

TEL: 045-744-6788