「やさしい人」と答えるようでは、結婚相手を間違う危険性大

こんにちは。横浜・保土ヶ谷区の結婚相談所オフィス悠です。

私は、仕事柄、多くの未婚の女性と会う機会があります。彼女たちの多くは一生懸命に婚活しているのです。それにもかかわらずに、私が彼女たちに「どういう人が理想なの?」と質問すると、「優しい人」とか「普通の人」という答えが返ってきます。

これは、価値観が多様化した現代においては、自分に合わない人を選んでしまう危険性が高いのです。それから、理想の人が漠然としているため、出会う中から本当に自分に合う人かどうか見極めることが出来にくく、婚活で迷走してしまいがちになります。

 

迷走した挙句、自分と合わない人と結婚してしまうこともあるでしょう。そういう人は真面目で我慢強い人が多いと感じています。

実は、我慢には、「必要な我慢」と「してはいけない我慢」があるのです。「してはいけない我慢」の典型は、本当は自分に合わない相手で、どうしても譲れない部分がぶつかっているのに、それに目をつぶって結婚してしまう場合です。

どうしても譲れない部分がぶつかり合っているなら、結婚しない方がお互いの幸せのため。しかし、何かを我慢したり、あきらめたりして、自分の本当の望みを、自分自身に深く問いかけないまま結婚してしまう人は決して少なくありません。

合わない相手と結婚して、あとから何とかしようとしてもがくことが、いかにエネルギーを消耗し、貴重な人生を暗い顔で送ることになるのか、私は相談経験を通じて、痛いほど見てきました。

 

もちろん、結婚したあとは、夫婦関係をどうするのか、本気で考えて取り組むことが必要です。でも、これから結婚するあなたには、最初の段階で幸せに向かう取り組みをしてほしいのです。

それには、まず、【自分が求めているものをハッキリとさせる】というステップが特に大事だと考えています。

そうじゃないと、自分にとって「やさしい人」がどういう人なのか?、自分にとって「普通の人」がどういう資質を持っている人なのか、明確に言葉で説明できないことが多い。

明確に言語化できなければ、頭の中でぼんやりと浮かんでいるのと同じなのです。

あなたが、本当に望む人と結婚するためには、自分が望んでいることを明確にすること。そして、【私はこれだけは譲れません】という優先順位をハッキリとさせることです。

そのために、私の相談所では婚活ワークで理想の人をリストアップして、それを分析して譲れない条件を導き出しています。

 

横浜の結婚相談所オフィス悠は横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩7分、相鉄線天王町駅から徒歩5分です。

ズーム、スカイプを使ってのオンライン相談を行っております。

お問い合わせ、ご相談は、お気軽にこちら

TEL: 045-744-6788