「話し合いが出来る人」とは具体的にどういう人?

こんにちは。横浜・保土ヶ谷区の結婚相談所オフィス悠です。

婚活ワークで理想の人を挙げていくと、絶対譲れない条件の上位にくるのが『話し合いの出来る人』です。今回のブログでは、話し合いの出来る人がどのような要素を持っているのかをお話しましょう。

人は、人間関係のトラブルが起きたとき、4つの対処法のどれかをします。

1.相手を責める

2.逃げる

3.耐える・服従する

4.話し合う

どの対処法をとるかは、人それぞれです。

 

あなたが、人間関係でトラブルがあったとき、相手を責めたり、逃げたり、服従したり、話し合ったりするのは、何が目的なのでしょうか?

それは、【自分を守るため】です。

ということは、相手を責めてばかりいる人、責任を放棄して逃げてばかりいる人は、自分を守ることしか考えていません。

一方、我慢して服従ばかりしている人は、自分を十分守れていないのです。ですから、どんどん権利が侵害されていくと同時に自己肯定感も下がっていきます。

つまり、自分を守るために耐えて服従していたのに、実際は何も守れなかったというわけです。

そして、話し合うことだけが、自分の権利と尊厳を守りながら、相手と上手くやっていく、共存の関係を築くことを目的としています。

 

話し合うは、2つの要素からなっています。

【話し合う】= 聴く + 伝える

です。

自分の権利と尊厳を守りながら、相手と上手くやっていくために、必要なことはまずは相手の話を最後まで【聴く】こと。

相手もあなたの話を最後まで【聴ける】人であることが必須です。

次に、十分に聴いたら【伝える】。

けれど、何を伝えたらいいのかぼんやりしていてはもやもやしたままですよね。

そこで、次の3つのセットにして伝えてみてください。

1.相手のどのような【行動】について

2.あなたがどのような【感情】を抱いているかについて

3.どうしてほしいのか【要望】を伝える

よく「言っても無駄だ」とあきらめてしまう人がいますが、多くの場合【伝え方】を知らないからです。

 

婚活前に婚活ワークで絶対に譲れない相手の条件に『話し合いの出来る人』を導き出したあなた。

「話し合いが大事」の意味するところは、

・ 相手があなたの話を最後まで【聴く】ことができる人であること。話を途中で遮ったり「面倒くさい」と話し合いを途中で放棄する人などは完全に条件に当てはまらない

・ 次に伝え方が大事である

これらがわかっていれば、付き合っている人が本当に理想の人かどうかが明確になります。

 

横浜の結婚相談所オフィス悠は横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩7分、相鉄線天王町駅から徒歩5分です。

ズーム、スカイプを使ってのオンライン相談を行っております。

お問い合わせ、ご相談は、お気軽にこちら

TEL: 045-744-6788