【婚活相談】婚活してみて愕然した自分の市場価値

こんにちは。横浜・保土ヶ谷区の結婚相談所オフィス悠です。

私は、仕事柄、現在婚活中の方からも相談を受けることがあります。

その中で、結婚相談所に入会したのはいいけれど、「お申込み」がこなくて、想像以上に自分の市場価値が低いことを思い知ったという相談を受けることがあるのです。

(主に30代の方から)

 

確かに自分のスペック以上の人からはお申込みがくる可能性は低いという事実があります。

それから、よく聞くのが、”私は顔面偏差値が低い”とか”容姿がよくないから”というもの。

(顔面偏差値って、自虐ネタですかー)

自分を客観的に観察するのはいいとしても、もしそうであったら婚活市場から去るつもりですか?

”私は容姿で選ばれないから、あきらめます” と、婚活をあきらめるつもり?

 

私は20年仲人をしてきて、もしこういう人がいたとしたら馬鹿らしいの一言。

「だからなんなの!!」って感じです(笑)。

まず、今現在の30代の男女の比率を見ると、ざっと見て4対6くらいの割合。

この数字からわかることは、待ちの姿勢で婚活していると、いくら待っても状況は今のままだということ。

ちなみに私が仲人になった時代は、男女比が今の逆。

だから、女性は寝ていてもお申込みが入ってきました。

現代は、女性からもバンバン申し込んだり、パーティなどに参加しないと本当に少ない人数しか出会えないのです。

 

こういう自己卑下する人に限って、なんやかんや理由をつけて攻めの婚活をしていないし、選ばれる努力をしていない人が多いんですよね。

顔面偏差値がどうのこうの言うけれど、それじゃ、世間で結婚している人たちって皆美男美女なのでしょうか?

そうじゃないですよね。

あなたは、顔の好みは人それぞれ違うということをご存知ですよね。

これは紛れもない事実。

 

「私は婚活市場の価値は低い」と認識するのは、自分自身の立ち位置を確認して、謙虚になるという意味ではいいです。

けれど、その次に考えるべきは「それじゃ、どういう活動方針でいくのか?」を考えること。

あなたの婚活の目的は【たった一人の人に出逢うため】ではないでしょうか。

それを、市場価値が低いからと必要以上に自己肯定感を下げて、本来の目的から目を逸らしていませんか。

 

横浜の結婚相談所オフィス悠は横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩7分、相鉄線天王町駅から徒歩5分です。

お問い合わせ、ご相談は、お気軽にこちらへ

TEL: 045-744-6788