暑さに強い男性 対 暑さに弱い女性

こんにちは。横浜・保土ヶ谷区の結婚相談所オフィス悠です。

先週末も暑い中、お見合いが行われました。

私は品川プリンスホテルでお見合いの立ち会いです。

 

いつものようにお見合いが始まる前に会員さんと待ち合わせをして、お見合い前のミーティングを行いました。

現代はメールや電話で事足りますが、やはり顔を合わせることが一番のコミュニケーションです。

私は会員さんとのこういう時間をとても大切にしています。

 

さてさて、お見合い、お見合いです。

会員さん方の話によると、この猛暑の時期、雑談として多いのは

「クーラーの設定温度何度くらいが快適?」

「夜寝るとき、クーラー使う?」

など。

確かにドンピシャの話題ですよね。

 

実は単に雑談だけではなく、その人の生活スタイルがうかがえるから面白い。

例えば、

「毎日暑い日が続いていますね」

(まずはYES、NOで答えられる質問からスタート)

「本当に、うだるような暑さですね~」

「〇〇さんは夜寝るときにクーラー使っていますか?」と彼。

(名前を呼ぶことがポイント)

「ええ、もちろん!」と彼女。

「僕は夜汗をダラダラ流しながら寝ていますよ」

「えーーーーーーっ、そうなんですかぁ!」

(この暑いのに、よく寝られるわ。。。)

「この暑いのに!熟睡できますか?」

「ぜんぜん、大丈夫です!」

「もう体が慣れてしまって」

「〇〇さんは暑さに強い体質なのですね」

「普段も温度設定は28度くらいですよ」

「えーーーーーっ、暑くないですかーっ」

(こりゃあ、私には無理だわ)

「大丈夫ですよ。体が慣れていますから」

「それに、電気代も高いしね」

(えっ!? お金にシビアなのかも・・・)

「・・・・・・・・・・・」

(その後、言葉が続かない彼女)

とこんな具合。

 

この会話からわかることは、暑さに強い彼 VS 暑さに弱い彼女です。

これ、過去に実際にあった話なのですが、一時間のお見合いから結婚生活が鮮明にイメージできたと女性会員さんが言っていました。

彼女曰く「新婚からクーラーをつけるつけないで、寝室を別にするのなんてイヤだわ(苦笑)」と。

それから、我慢の度合いの耐性が自分とは違うと言っていました。

 

いやはや、クーラーの話題から生活スタイルや経済観念の違いまで浮き彫りになったのです。

ルックス、条件と申し分のない男性だっただけに残念でした。

けれど、こういうことって結婚してから揉める原因になったりしませんか。

もちろん、度合いの問題ですがね。

 

横浜の結婚相談所オフィス悠は横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩7分、相鉄線天王町駅から徒歩5分です。

お問い合わせ、ご相談は、お気軽にこちらへ

TEL: 045-744-6788