高すぎる自己評価は結婚を遠ざける

こんにちは。ぶれないお見合い婚活を目指す横浜・保土ヶ谷区の結婚相談所オフィス悠です。

結婚する気は十分あるのですが、お見合いから交際になかなか発展しない女性がいます。

その理由は明確です。

それは、一言でいえば「世間が評価している自分」と「自分が評価している自分」との差が大きいからです。

具体的に多いのが、

・ 美人、チャーミング、スタイルがいいなどとルックスの自己評価が高すぎる

・ 「実年齢より若く見える」などのお世辞を真に受けてしまう

・ 育ちが良い、血筋がいい、家柄がいい

・ 頭が良い、一流大学卒などという自己評価が高すぎる

などです。

もちろん実際にそうなのですから、ある程度は自分を高く評価すること自体、ダメだと言っているわけではありません。

こういう人の婚活がむずかしい理由は、自己評価が高いというだけではなく、それがいつまでも変化しないからなのです。

例えば、仲人がお見合いをすすめても、やれ家柄がどうのとか、相手のルックスがどうのこうのと、次々と出てくる、出てくる。

挙句の果てには、プロフィール写真の「ルックスが若々しくない」と言います。

年齢的にちょうどよいし実際に会ってみて判断した方がよいと仲人が言っても首を縦に振らないのです。

理由は「私は人から年齢より若く見える」と言われているから、自分にふさわしい若々しい人がよいというわけ。

そりゃあ、他人はご本人を前にして年齢相応に見えるとか、年齢より老けて見えるとは言いませんよ(苦笑)。

絶対と言っていいほど、年齢より若く見えると言うにきまっているじゃありませんかー。

それをお世辞半分に聞いていればいいのですが、まともに受け取ってしまうから困りもの。

人間は年を取っていく存在なのです。この当たり前のことがすっぽりと抜けてしまっています。

こうなると、会う人が本当に限られてくるばかりか、実際に存在しない人を探している”夢追い人”になりかねないのです。

結婚が遠ざかるどころの話ではありません。

繰り返しますが、夢追い人になってはいけません。婚活市場どころか一般社会でも会える人が極端に少なくなります。

だからこそ、現実をしっかりと見つめて自己評価を変化させていくしか結婚への道はないのです。

 

横浜の結婚相談所オフィス悠は横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩7分、相鉄線天王町駅から徒歩5分です。

お問い合わせ、ご相談は、お気軽にこちらへ

TEL: 045-744-6788