【婚活ワーク】「リストアップ法」で理想像を明確に

DSCN0281

cimg3373

(写真はイメージです)

先週から婚活ワーク「理想の人のリストアップ法」が続いています。

婚活ワークは「ビィジョン・ボード」を作成するところから入っていきます。

cimg3366

CIMG3149

(写真はイメージです)

完成したビィジョンボードから、描いたボードにふさわしい人はどういう

人だろうか?食卓にはどういう人がすわっているのだろう?などと

イメージするのです。 何もない状態からイメージするのとは大違いで

どんどん自分の頭の中に描いている理想像が浮かんできます。

今度はそれを「言葉」にしていくのです。

大事なことは、頭で漠然と描いているイメージをきちんと「形」にすること。

さらに、「言葉」に表すこと。

そうしないと自分が望んでいることが、ずっとぼんやりしたままなのです。

画像にしたり、文字に表したり、文章にしたりしたときに、はじめて「そう、そう、

これが私の思っていること」となります。

最初は言葉が浮かんでこないかもしれませんが、とにかく「短い言葉」でも

何でもいいから、紙の上に書いていくのです。

そのうちにだんだん書ける言葉が増えてくるのに、あなたは気づくでしょう。

そうなると、潜在的なものまでが出てくるから不思議です。

そうして書き出したものを今度は付箋紙に書いていきます。

次はそれらを似ている要素ごとにまとめていくのです。

「やさしい人」「普通の人」のような抽象的な要素は「まとめ言葉」「タイトル」

「ラベル」です。 その中に「私の話をよく聞いてくれる」「お互いの両親を大事にする」

などの要素が入る、といった具合にグループ分けをしていきます。

ここまでやると、「あれ、私、こういう要素にこだわっている」などと、言葉にしないと

わからないことがリストに表われてきます。

さらに、そこから、その人それぞれの課題などを分析していくのです。

リストから相手に求める要素がたくさんある場合は、それでは、自分は相手に

何を与えられるのかを考えていきます。

「やさしい人」のリストに、「浮気をしない人」「怒らない人」「殴らない人」「暴言を

吐かない人」「キレない人」など「~しない人」ばかり出てくるのは、「幸せに

なるリスト」というよりは、自分自身が「これ以上傷つかない要素」になっています。

それから、潜在意識は「~しない人」のような否定文を理解しないので、「浮気しない人」

はイメージできません。 頭の中では「浮気する人」をイメージしてしまうので、そういう

人を引き寄せる可能性があるのです。

だから、言葉を書き換える必要があります。 例えば「私だけを見てくれる人」「裏表のない人」

「私を大切にしてくれる人」という具合に。

私は結婚がうまくいくためのポイントとして、「出会い」がとても重要であると信じています。

この段階で、自分に合う人を見極める必要があるのです。

最初からぶつかる部分がたくさんある相手と結婚してしまって、後からそれを

何とかしようともがいている人を私は、仕事柄、イヤというほど見てきています。

だから、あなたには、心を整えて、適切な出会い方をして、見るべきポイントを

しっかりと見て相手を選んでほしいと思っているのです。

そのためには、「出会い」に備えて早めに対策を立てること。

これが、とても大事。

そのための「理想の人のリストアップ」なのです。

 

 

 

 

 

⇒「オフィス悠」ホームページのトップへ