【デート】小さなことで気持ちがスーッと冷めてくる

こんにちは。横浜・保土ヶ谷区の結婚相談所オフィス悠です。

いい交際に発展していたと思いきや、お断りがくるということは珍しくないです。

もちろん理由によりますが、こんなことがありました。

それは、男性の私服のセンスがひどかった、、、というもの。

何回かデートしているものの、会社帰りのデートだったのでどんな私服を着ているのかわからなかったそうです。

現代でこそユニクロなどで清潔感がある服を安価でコーディネイトできます。けれど、ひと昔はそういうお店がなかったので、私服のセンスのひどさを指摘される男性が少なくなかったのです。

そこで私は「男性の服なんて女性の趣味でいくらでも変えられるから」と力説しました。

けれど、言ってもなかなか聞いてもらえないのが常です。

そして、ついに洋服のセンスが理由で交際終了。人柄はよかったのに。。。

ま、実際には他の小さなことが重なっていたかもしれません。

ただ言えることは、たった一つの小さな感情であっても、それが元で気持ちがスーッと冷めてしまうことが実際あるということ。

ほら、あなたにも経験がありませんか?

今まで好きだった恋人が、なんか少し汚い食事の食べ方をしていただけで、何だかわからないうちに気持ちが冷めていったり。

逆に今まであまり気にしていなかった相手が、ふとした優しさを見せただけでその人を好きになったり。

つまり、「たった一つのことが全体を変える可能性がある」ということ。

ということは、あなたが特に最初のデートをするときに「どんな気をつけてもやりすぎるということはない」というわけです。

気をつけるのは、「場所、食事、服装、話し方」。

どれか一つがきっかけで良い方向に転じる可能性もありますし、またその逆も、もちろん起こりうるわけです。

「勝負は、始まる前からすでに決定している」

これは中国の兵法家・孫氏の言葉ですが、このことを表しているのですね。

だから、デートではとにかく雰囲気のいい場所や美味しい食事に連れていくことが大事。もちろん清潔感のある服装をすること。服は自信がなければ、ユニクロに行って、マネキンが着ているものを一式ゲット。

実際にご成婚者を見ていると、「場所、食事、服装、会話」に気を遣っている人が圧倒的に多いのです。

婚活とは、自分が話すこと、すること、メールやラインの内容、それを返すスピード、着ている服、お化粧、アクセサリー、バッグ、靴、時間を守ることなど、すべて相手に対するメッセージでありコミュニケーションの一部なのです。

(記事は実話ですが、脚色してあります)

 

横浜の結婚相談所オフィス悠は横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩7分、相鉄線天王町駅から徒歩5分です。

ズーム、スカイプを使ってのオンライン相談を行っております。

お問い合わせ、ご相談は、お気軽にこちら

500人以上が効果を実感した『運命の人に出逢うための婚活ワーク』こちら

『運命の人に出逢うための婚活ワーク』オンライン版はこちら

仲人鴫原についてこちら