自己開示は相手の心を開く

こんにちは。横浜・保土ヶ谷区の結婚相談所オフィス悠です。

自己開示とはプライベートな情報を相手に話すこと。

趣味や恋愛の話、自分の生い立ちなどを話すのです。

そうすると、相手は無意識のうちに「自分も話さないといけない」と思ってしまいます。

以前、自己開示が上手な男性がいました。

彼は自分の育った環境や、親のこと、進学のこと、仕事のことなどをお見合いの席でも話すのです。それは彼の苦難が多かった過去の歴史と言っていいでしょう。

もちろん、それを乗り越えて充実した今があり、今の生活に満足していて、かつ自分に自信があるから話せるのです。現に彼は仕事にやりがいを持ち、生き生きとしていました。

苦労を乗り越えた今があるからこそ、人の心に響くのです。それが単に苦労話のたれ流しだったら、人は引いていくもの。

そして、彼が自分自身のことを語り始めると大体相手も自分の話をし始めるのです。

だから、距離感が縮まるのが早いこと、早いこと。

交際率の抜群の男性でした。

ところが、です。

彼だったら何でも理解してくれると勘違いする女性も出てきました。自分の過去の恋愛遍歴を赤裸々に語る人がいたのです。

自己開示といっても、過去の恋愛については微妙なものです。話の流れでそうなったらいいのですが、まだ会って間もない間柄では特別に話す必要があるかどうかは難しいところ。

だって、婚活の場で元カノや元カレの話をあえて聞きたいとは思わないですよね。

だから、そこら辺の自己開示は慎重になる必要があります。

現に、100パーセントの確率で彼はお断りしました。

自己開示とは相手と早く親しくなれる反面、聞きたくない話も引き出すほど強力なコミュニケーションでもあるのです。

 

横浜の結婚相談所オフィス悠は横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩7分、相鉄線天王町駅から徒歩5分です。

ズーム、スカイプを使ってのオンライン相談を行っております。

お問い合わせ、ご相談は、お気軽にこちら

500人以上が効果を実感した『運命の人に出逢うための婚活ワーク』こちら

『運命の人に出逢うための婚活ワーク』オンライン版はこちら

仲人鴫原についてこちら