迷って答えを出せないとき考えたいこと

こんにちは。横浜・保土ヶ谷区の結婚相談所オフィス悠です。

結婚相談所の結婚は交際期限が決められています。私の20年の仲人経験から、決まるご縁というのは勢いがあるので、短期間であっさりとご縁がまとまるものです。逆にいいところまでいっているのに何かギクシャクしたり、土壇場になって迷い始めたりすることもあります。

二人のうちどちらかが、もやもやして答えが出ないのです。一度は決めたはずなのに、迷ってしまったり。こうなると、ご縁というのは、今までの勢いはどこにやら、失速していきます。

人生を左右する大きなことなら、そう簡単に決められないのは当然のことなのです。しかし、実はご縁というのは、決まるときには意外とスンナリといくもの。

それが、何日も考えてしまうのなら、それ以上考え続けてもいい選択はできないと思ったほうがいいでしょう。つまり、頭では「GO!」サインが出ているのに、心の方から「OK!」サインが出ない状態。何事もそうですが、特に大きな決断は、この二つが一致していないと決められないものです。

そんなときは、あなたの潜在意識が「まだ答えを出す時期ではない」と伝えてくれていると考えて、「今は保留にするという選択」をしたほうがよいです。

一生懸命に婚活してやっと出会った人だから、そういう決断をするのは断腸の思いなのはわかります。相談所では「保留にする」という意味は「破談にする」ことなのですから。

けれど、迷いに迷っているときに、運命を選択してもまた迷うことになってしまうでしょう。結局は土壇場で逃げ出したくなったりするもの。

実際に、私はそういう人を見たことがあります。心の声を無視し続けても、しまいには身体が反応してしまったのですね。

そして、多くの人は二度とチャンスがやってこないのではないかと嘆きます。

しかし、そんなことないですよ。タイミングというのは、またやってきます。あなたが、あきらめずに行動を止めなければ、必ずやってきます。

そして、本当のご縁に巡りあえたときは、自分でも拍子抜けするほど、すんなりと決断できるものなのです。

だから、大事なことは「私は”今は決断しないという選択”をしたんだ」と迷いに折り合いをつけること。そうすると、また前に進めます。

 

横浜の結婚相談所オフィス悠は横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩7分、相鉄線天王町駅から徒歩5分です。

ズーム、スカイプを使ってのオンライン相談を行っております。

お問い合わせ、ご相談は、お気軽にこちら

500人以上が効果を実感した『運命の人に出逢うための婚活ワーク』こちら

『運命の人に出逢うための婚活ワーク』オンライン版こちら

仲人鴫原についてこちら