婚活時代の学びを結婚後に生かしている元女性会員さん

こんにちは。横浜・保土ヶ谷区の結婚相談所オフィス悠です。

昨日は定休日。休みの日はかかりつけ医のところへ健康チェックに行ったり、事務処理をしたり、食べ物の作り置きをしたり、何かとやることがあります。

コロナで友人との食事会が激減して、ほとんどオフィスにいるといってもいいほど。それも苦と思ったことがないのは、自分の居場所だからでしょう。60歳を超えて仕事があることを有難く感じる今日この頃です。

 

さてさて、以前ご成婚退会された元女性会員さんからお電話をいただきました。息子さんが小学校に入学されるとのこと。幼稚園児だとばっかり思っていた私は「え~っ、そんなに大きくなったんだ!」と声のトーンが高くなりました。

思い返せば、彼女が婚活を始めたのは30代前半。美人で親しみやすい彼女にはご縁があるものの、つながっては切れを繰り返していたのです。その度に涙、涙。なかなか思うようにいきません。

そのうち、婚活疲れに陥り、一時は「もうダメかもしれない・・・」と弱気になっていきました。その時、私は「亀の歩みでいいから、ノロノロでいいから、気持ちを緩めて、少しずつやっていこう」とカウンセリングをしたのです。

「頑張らなくてもいい」「気持ちを緩めよう」という私の言葉に気持ちが楽になったと後で話してくれました。こうして動きを止めずにやった結果、旦那さまと出会い、2カ月後にはご成婚!

念願の結婚という夢が叶って霧がぱぁ~っと晴れたような気になったのも、その後不妊治療が始まりました。時期を同じくして彼女の親御さんが入院されました。その当時、彼女は「人生というのは、次から次へといろいろなことが襲ってくるもんだ」「これでいいなんてことはないんだ」と考えて深いため息をついたどうです。

そんなとき、自分を追い詰めずに今やれることを一歩一歩やっていけばいいんだと考えました。この考え方は婚活で学んだもの。「気持ちをゆるめて一歩前進すればいい」と。彼女は婚活で得た気づきをその後の人生に生かしたのです。

そして、月日が流れ、息子ちゃんが小学校入学! もちろん、まだまだ先は続きますが、貴重な人生の節目であります。

私は彼女が婚活で学んだことを生かして家族と人生を歩んでいることに嬉しくなりました。桜満開の季節。本当に嬉しい元会員さんからのお電話です。

(元会員さんからブログ掲載の許可をいただいております)

オフィスの近くの神社にお参り

横浜のアメ横と言われている「松原商店街」。平日でも結構人が出ていました。

松原商店街の中の「たにた食堂」でお刺身定食ランチ

桜が綺麗です。

しばし見とれていました☆

横浜の結婚相談所オフィス悠は横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩7分、相鉄線天王町駅から徒歩5分です。

ズーム、スカイプを使ってのオンライン相談を行っております。

お問い合わせ、ご相談は、お気軽にこちら

500人が効果を実感した『運命の人に出逢うための婚活ワーク』こちら

仲人鴫原についてこちら