プロフィールを見ていて違和感を抱く箇所

こんにちは。横浜・保土ヶ谷区の結婚相談所オフィス悠です。

私が仲人になった20年前と比べて、会員閲覧システムなどすべての面で進化したのは言うまでもありません。

プロフィールを例に挙げると、昔は自己PRは文字数の関係で3行ほど。お見合い写真は仲人さんが撮影したものか、旅行などで撮ったものを利用する場合が多かったです。

それが今はどうでしょう。写真はスタジオ撮影が当たり前。

自己PR文も約1000文字書く人はザラ。仲人の推薦文も長い方がより会員さんをアピールできます。これほどまでに、完成度が求められているのです。

そうです。プロフィールはあなたの「営業マン」。それに24時間営業させるのです。

だからこそ、完成度の高いプロフィールに仕上げる必要があります。現にそういうプロフィールが多いです。

 

しかし、ですね。

ちょっとしたところで、もったいない! と思うプロフィールに時々出合うことがあります。

それは、お相手に対する希望年齢を書く欄です。

そこに、40代後半の男性が「25歳~33歳」と書いてあるのです。素晴らしいプロフィールなのに、それを見て脱力した私でした(苦笑)。

30代半ばの女性が「29歳~36歳」というのも見たことがあります。

ご本人は正直に書いたと思うのですが、これを見た人はどう感じるでしょうか?

年齢の点で私は対象外だと判断してお申込みをしない人が増えるのは間違いないです。それから、何となく、その人なりを感じてしまうところがあります。

これが、大きい!

例えば、”若い人好みなのね””ずい分、許容年齢が狭いな・・・”という感じで引いてしまう人もいるはずです。例えどんなに素晴らしいプロフィールであっても。実際に「軽い感じがする」と感想を漏らした人もいます。読み手にそう感じさせてしまっているという事実。本当にもったいない。

ですから、ここは「30代、40代」というふうにするといいですよ。細かく書くくらいならブランクの方がよっぽどいいのが相手に対する希望年齢欄なのです。

 

横浜の結婚相談所オフィス悠は横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩7分、相鉄線天王町駅から徒歩5分です。

ズーム、スカイプを使ってのオンライン相談を行っております。

お問い合わせ、ご相談は、お気軽にこちら

500人が効果を実感した『運命の人に出逢うための婚活ワーク』こちら

仲人鴫原についてはこちら