緊急事態宣言下の交際は「ご縁をつないでいく」気持ちで

こんにちは。横浜・保土ヶ谷区の結婚相談所オフィス悠です。

あっという間に週末が終わりです。雪の予想が出ていたので、対面で会うことになっていたお見合いがすべてズームに変更になりました。

会員の皆さんも仲人もズームに慣れてきたせいで、スムーズに進んでいきます。お見合い時間が40分弱なので「もう少し話したい」「話し足りない」という心理が働くせいか、相変わらず交際率が高いです。

 

さて、緊急事態直前に交際に入ったカップルは、まだ一回も会っていない人が多いです。今週会おうと思ったら、雪の予報でまた延期。

そんなことで不安を感じている人が結構いるようですが、今の時期は仕方がないこと。とはいえ、お見合いから一回も会っていないと、だんだん気持ちが萎えていくのではないかという声があります。

そんな人に私はこう言いたいのです。

「コロナ禍で出会えたのだから、すごいご縁。それを少しばかり会えないからって嘆いてどうする。細く長く『ご縁をつないていく』という気持ちを持ってほしい」と。

こんな時期はあなたの思いやりや気遣いが相手にダイレクトに伝わります。会うのは緊急事態宣言が明けてからでもいいじゃないですか。それまで、「ご縁を繋いでいこう」という気持ちを大切にしてくださいね。

 

横浜の結婚相談所オフィス悠は横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩7分、相鉄線天王町駅から徒歩5分です。

ズーム、スカイプを使ってのオンライン相談を行っております。

お問い合わせ、ご相談は、お気軽にこちら

500人が効果を実感した『運命の人に出逢うための婚活ワーク』こちら

仲人鴫原についてこちら