相手の趣味を否定して、即お断りされたお見合い

こんにちは。横浜・保土ヶ谷区の結婚相談所オフィス悠です。

以前、女性会員さんのお見合いの席に同席したことがあります。

まずは、男性からおなじみの趣味の質問から。「〇〇さんの趣味は映画ですよね?僕も映画好きです。どんな映画を観るんですか?」と。

「ラブコメが好きです」と女性。「〇〇さんは何がお好きですか?」と質問されたら質問し返す。ここまでは教科書通り。

「僕は、アクション映画が好きです」と答える彼。次は「最近何をご覧になりましたか?」と彼女が質問すればいいのです。初期の段階で上手くいくコミュニケーションとは相手に取りやすいボールを投げたり、受け取ったりすること。

 

ところが、です。

彼女は「あ、私、アクションって嫌い」って言ってしまったのです。

隣にいた私は、彼女の手をつねりたかった(笑)。

それを聞いた途端、彼はもろに嫌そうな顔をしたのでした。本当に面白くなさそうな顔をしたので、私は今でも覚えています。それから口数が少なくなりました。

まったく、お見合いが始まったばかりだというのに、しょっぱなから躓いてしまったのです。

それから、私が何とか話をつないでいったのですが、さんざんなお見合いでした。彼もすぐに機嫌を直してくれる人ならばよかったのですが、そうはいかなかったのです。

そりゃあ誰だって、自分の好きなことを否定されたらいい気持ちはしないもの。

 

実は、これ、意外とあること。

例えば、好きな本や著者や音楽を否定されたり。

実際にあったことですが、女性が「私、ホラー映画が好きです」と言ったら、「随分、変わった趣味ですね」とあきれた顔をされたなんて話があります。

「えっ!? ホラー映画のどこが変わっているんですか?」と聞き返し、相手が絶句。

これも、恐ろしく盛り下がったお見合いになりました。

私事になりますが、ホラー作家のスティーブン・キングの大ファンなのです。だから、ホラーと聞くとただ怖いとか、キモチ悪いとか先入観で物を言う人は苦手。物語の奥の人間ドラマが面白いんです。

だから、アンチの分野の話題が出たとき「それのどんなところが好きなんですか?」と質問してくれたら、お見合いが違った方向に進むかもしれません。

そうです!必要なのはちょっとした「サービス精神」。

いろいろな人に出会うお見合いの場では、それが本当に大事。

 

横浜の結婚相談所オフィス悠は横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩7分、相鉄線天王町駅から徒歩5分です。

ズーム、スカイプを使ってのオンライン相談を行っております。

お問い合わせ、ご相談は、お気軽にこちら

500人が効果を実感した『運命の人に出逢うための婚活ワーク』こちら

仲人鴫原についてこちら

TEL: 045-744-6788