結婚が決まらない人の特徴「自分の立ち位置がわからない」 

こんにちは。横浜・保土ヶ谷区の結婚相談所オフィス悠です。

以前私の結婚相談所に年齢は30代半ば、年収は800万円、一流企業勤務で条件が抜群。

その上に、です。

お顔がイケメン。

それも超がつくイケメンです。

これだけ揃うと、お申込みがくる、くる、くる、くる、くる、くる、くる(キャーーーーッ)。

とにかく悲鳴がでるほどお申込みがきました。

このように、条件が整っている男性には彼ほどではないにしろ、かなり申し込みがくると思っていいです。

ま、誰でもイケメンで条件がよかったらお申込みしたくなりますよね。

ダメもとで、という人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、女性の中には継続的に自分が申し込まれたことのないゾーンに申込みをする人がいます。

これ、入会したばかりでしたら、何もわからない状態ですから、条件のいい人を選びたい気持ちがわかります。

ただ、これがいつまでも続いた場合が問題なのです。

なぜなら、結果はほとんどといっていいほどNGばかり食らうことになるからです。

こうなると、「自分の求める人と会えない」と落ち込んでいきます。

落ち込むと活動量が減りますから、誰とも会えない悪循環に突入していくのです。

 

これ、私から見ると原因がはつきりとしていることが多い。

というのは、お申込みの結果から何も学んでいないからです。

まずは自分がどういうゾーンに申し込みをかけているのかを振り返ってみること。

そうすると、年齢が自分と近い人からはNGばかり。

年収が高い人からはNGばかり。

などと分類できるはずです。

それじゃ、今度はお申込みをいただいている人を見てみましょう。

まず、年齢から。

それから、年収。

学歴は?

ルックスは?

 

この二つをチェックすると、あなたの立ち位置が見えてくるはずです。

つまり、あなたのスペックを超える人からのお申込みは少ないということ。

これ、押さえておいてほしいところです。

それならば、あなたを求めてくれるゾーンを定めてお申込みをかける。

そうすると、必然的に成立が増えてきます。

実際、会ってみると、人柄が良くてトントン拍子にご縁が進んだなんて例はたくさんあるのです。

 

当然ですが、実際に会ってみないと一番大事な人柄はわからないもの。

ですから、あなたを求めてくれるゾーンに向かって矢を放つことが大事なのですが、これが、なかなかむずかしい。

 

なぜなら、自分に掲げた理想を現在位置までもってくるには、それなりの心の葛藤と自分自身が納得することが前提条件になるからです。

本当は、「自分の立ち位置がわからない」のではなく「自分の立ち位置を認めたくない」のかもしれないですね。

それでも、そこを認めない限り、婚活市場に長く滞在することになります。

ご成婚者たちは、皆、ここら辺をうまく折り合わせができた方ばかりなのです。

 

横浜の結婚相談所オフィス悠は横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩7分、相鉄線天王町駅から徒歩5分です。

お問い合わせ、ご相談は、お気軽にこちらへ

TEL: 045-744-6788