自分のことばかり話す「しゃべりたい病」にかかっている人

こんにちは。横浜・保土ヶ谷区の結婚相談所オフィス悠です。

あなたはミスターチルドレンの曲で、「シーソーゲーム」という曲をご存知ですか?

随分前にはやった曲ですから、聞いたことがあるかもしれません。

 

その中の一説に、「恋なんて言わばエゴとエゴのシーソーゲーム」というのがあります。

このフレーズ、人間関係の本質を突いているなぁと思い、私は好きなのです。

特に、恋愛はエゴとエゴのぶつけあいという側面が強いのですが、「人間関係は、大体において、エゴとエゴのシーソーゲーム」と言えるのではないでしょうか。

エゴとは、「自分が自分がという気持ち」です。

自分が自分がという気持ちのぶつかり合いからは、「共感」や「繋がり感」も生まれません。

 

それでは、どうすればいいのでしょうか?

それは、「相手の話をよく聴くこと」です。

でも、わかっちゃいるけれど、これ、結構難しいと思いませんか?

なぜなら、自分が自分がという気持ちを一旦抑えて、相手の話に耳を傾ける、つまり、この「エゴを抑える、「エゴ」をコントロールするのが難しいからです。

 

「人の意見に耳を傾けるよりも自分の意見を言うのが大好き」という方々があなたの周りにいませんか?

私はお見合いの席に同席して、たま~にこういう方にお目にかかります。

というのは、自分の専門分野の話や違う価値観、意見などを聞くと途端に饒舌になり抑えがきかなくなるのです。

「いや、それはそうじゃなくて、ペラペラペラペラ~~」などと、相手の話が終わっていないのに割り込んできて、自分の話を始めたりしてしまいます。

こうなると「しゃべりたい病」です。

自分のことや考えを喋りたくてどうしようもない人、そういう人をしゃべりたい病の人と言うのです。

 

これは、他人からの好感度を著しく下げます。

なぜなら、たくさんしゃべるから好感度が下がるのではなく、「相手の話を聴かないから」です。

 

もう一つ、「しゃべりたい病」と「おしゃべり上手な人」とは違います。

後者はたくさんしゃべるけれども相手の気持ちを配慮しつつ、時には相手にも質問や話題を振りながらおしゃべりを盛り上げる人です。

つまり、おしゃべり上手な人は聞き上手でもあるのです。

ということは、相手の話を意識して聴けるようになれば、自然と「共感」と「繋がり感」が生まれるのではないでしょうか。

 

横浜の結婚相談所オフィス悠は横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩7分、相鉄線天王町駅から徒歩5分です。

お問い合わせ、ご相談は、お気軽にこちらへ

TEL: 045-744-6788