若くて綺麗なだけでは選ばれない訳

こんにちは。横浜・保土ヶ谷区の結婚相談所オフィス悠です。

「結婚したいときが適齢期」と言われていますが、出産年齢を考えると少しでも若い方がいいのは今も昔も同じ。

女性の初婚平均年齢は29.4歳。

男性は31.1歳。

データから見ると、30歳までには結婚したいと思う人が多いのではないでしょうか。

 

しかし、晩婚の時代、30歳すぎで独身の男女がたくさんいます。

若さはひとつのアドバンテージであることは変わらないけれど、若さを上回る魅力を身に着けた大人の女性が婚活の舞台でモテています。

現に私の結婚相談所では、ここ3カ月の間でご成婚した方々は男性40歳・女性38歳、男性41歳・女性39歳、男性45歳・女性40歳、男性43歳・女性40歳です。

女性がすべて30代後半~40代前半。

 

ここが私が仲人になった20年前とは変化したことです。

その当時は男性が女性に求める条件の一つは「若さ」でした。

これは今でも変わらないのですが、より求められるのは「価値観が近いこと」や「お互いに寄り添い合える関係」となってきています。

 

例えば、ご成婚された男性(43歳)は、年収が1000万以上、海外出張が多い仕事で海外赴任も大いにあり得るとのことでした。

彼は最初は30代前半から半ばまでの女性とお見合いしていたのです。

男性の場合は条件が整っていて、かつ若々しい外見ですと、30代の女性からお申込みがたくさんきます。

実際に彼はその年代の女性とお見合いできていました。

ところが、若い女性と出会えて喜んでいたのは最初だけ。

そのうち、彼の方からお断りすることが多かったのです。

理由は彼の話を聞いているだけで、それ以上話題が展開することが少なかったし、消化不良のようなお見合いが続いたからでした。

 

そこで、彼はプロフィールから仕事のキャリアがあって、かつ私生活も楽しんでいるのを感じられる人にお見合いのお申込みをしたのです。

その結果出会ったのが、40歳の女性でした。

同じような職業に就いている彼女は彼の仕事を理解してくれて、しみじみとした会話ができたそうです。

彼女との出会いで、社会経験が豊富にあり、自立している女性もいいなと思うようになったとのこと。

急に海外赴任になったとしても異国の文化に柔軟に順応するたくましさを彼女から感じたのでした。

 

それまでお見合いした中には、若くてきれいな女性はたくさんいましたが、一生のパートナーとして選ぶには物足りなかったと彼は言います。

このように、女性に若さだけを求める人が昔と比べたら少なくなってきています。

「話が合う」「お互いに求める価値観がより近い」などに重きをおく男性が多くなってきているのです。

 

もちろん、出産年齢を考えたら若いということは大きな魅力には違いありません。

それでも若くて綺麗なだけで人間的な魅力がない人は敬遠されます。

彼女たちは「どうしたら、自分のターゲットとしている男性に選ばれるのか?」という視点が欠けている人が少なくありません。

それよりも、成熟した魅力があって、人間力がある女性が選ばれることがだんだん増えてきています。

 

横浜の結婚相談所オフィス悠は横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩7分、相鉄線天王町駅から徒歩5分です。

お問い合わせ、ご相談は、お気軽にこちらへ

TEL: 045-744-6788