【お見合い】会ったばかりの女性に夢を語って振られる

こんにちは。横浜・保土ヶ谷区の結婚相談所オフィス悠です。

以前、お見合いの席でこんなことを言った男性がいました。

それは、「僕はいずれ今の会社をやめて、田舎に帰って無農薬の野菜を育てたい」なんて。

結果はたちまち振られてしまいました。

 

もちろん、私は彼にお断りの理由を言いましたよ。

そうしたら、彼曰く「話しやすい女性だったので、自分の夢を語りたくなった」ですって。

彼女にしたら、堅いお勤めの男性から畑を耕したいだの無農薬の野菜を育てたいだの言われたら驚くに決まっていますよね。

それも、いずれ今の会社をやめるなんて言うんですから。

遠い将来の夢でも、会ってすぐの女性に話したらドン引きされますよ。

恋活だったら通じる話も、お見合いじゃ無理でしょ。

 

だから、私は男性に言うんです。

会ったばかりの段階では、感じがいいな、明るい感じだな、誠実そうだなと感じさせることが大事だと。

自分の描く未来像を延々と語るのは二人の距離感が縮まってきてからです。

それを、叶うかどうかわからない未来を理由にお断りされたんじゃ、たまらないでしょ。

だから、夢は夢で自分の中で持っているのはいいけれど、付き合いの浅い女性に語るのはダメ、ダメ。

 

 

横浜の結婚相談所オフィス悠は横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩7分、相鉄線天王町駅から徒歩5分です。

お問い合わせ、ご相談は、お気軽にこちらへ

TEL: 045-744-6788