食事デートで唖然とする話数々

こんにちは。横浜・保土ヶ谷区の結婚相談所オフィス悠です。

先日、雑誌をペラペラしていたら、食事デートに関する記事が載っていました。

それによると、食事デートで食べ物をシェアしたら、美味しいところを彼にほとんどもっていかれた・・・なんて(笑)。

思わず笑ってしまいましたが、これ、実は笑い事じゃありません。

 

私の結婚相談所にも同じようなことが少なからずありました。

順調な交際を重ねていたあるカップルは、ご飯を食べるときに必ず食べ物をシェアするのだそうです。

例えば、あるときの食事が彼女がハンバーグで彼がピラフだとしましょう。

そうすると、彼がガバーッとハンバーグを三分の二も自分の皿にもっていってしまうんだそう。

そして彼女のお皿には、彼のピラフが三分の一。

ちょっと想像してみてください。

メインのハンバーグが三分の一に付け合わせとピラフがパラパラと。

お皿がさびしいことになっていますね~(涙)。

このように、メニュー選びは彼女の好きなものを選ばせておいて彼は安い物を選ぶとのこと。

そして、いつものように彼女のお皿からメインの料理を半分以上かっさらっていって(笑)、自分の皿からはあまりよこさない。

お会計は彼持ちだったそうですがねぇ。

 

これ、いくらご馳走してもらっているとはいえ、ずいぶん不満が残る食事デートだと思いませんか。

案の定、彼女はデートの帰り道でお腹が減って毎回お惣菜を買っていたとか・・・。

彼らだけではなく、過去にこれに似たようなことが他にもあったんですよ。

彼らはその後どうなったのかというと、

すべて破談。

 

やはり、どんなに他の面がよくても「食べること」というのは人間の要なんです。

そこに不満が残ると、いつのまにかモヤモヤが膨れ上がってバーンと爆裂。

「食べ物のことぐらいで、チマチマ言わなくてもいいじゃない」と口では言っていても、人間の本能の部分は正直なものですね。

 

横浜の結婚相談所オフィス悠は横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩7分、相鉄線天王町駅から徒歩5分です。

お問い合わせ、ご相談は、お気軽にこちらへ

TEL: 045-744-6788