初デートが成功するかしないかの分かれ道

こんにちは。横浜・保土ヶ谷区の結婚相談所オフィス悠です。

私の結婚相談所の女性会員さんが初デートです。

ランチデートに誘っていただきました。

メールで苦手な食べ物を聞いてきてくれたり、男性の思いやりを感じて心がワクワク♪します。

 

そして、デート当日。

炎天下の中、元気そうに手を振って待っていてくれた彼です。

ところが、です。

「さ~て、これからどこに行きましょうか?」と彼。

「はっ!?」

(お店決めておいてくれたんじゃなかったんだ)

「何か食べたいものありますか?」と彼。

(え~っ、メールで苦手なものとか聞いてきたじゃない・・・)

(お昼時だし、どこも混んでいるかも(不安~~~))

「イタリアンとかどうですか?」と彼女。

(とりあえず、何でもいいからお店探さなくちゃ(汗))

「それじゃ、イタリアン決定!」

(・・・って、ずいぶんノンビリしているわ~)

 

そして、レストラン街に到着。

案の定、どこも長蛇の列、列、列。

(あったり前じゃない。今お昼だよね)

「どこもいっぱいですね。空いているお店を探しましょう!」と元気がいい彼。

それからお店を探すこと40分。

彼のテンションの高さはどこへやら。

 

さんざん歩き回って疲れてきた二人、とうとう無口になってきました。

「お店、予約して下さっていると思っていました。私も気を遣えばよかったですね」と彼女。

そうしたら、彼が「予約しなかったのは僕の責任だと言うんですね」ムカッとした声で。

(うわっ、怒っちゃったのかな・・・)

彼女が「そ、そういうわけではなく、私もお店を見つけておくべきだったという意味です」と。

(なんか、彼、逆キレしたみたいでこわっ。もしかしたら性格悪いかも・・・)

この頃には、明らかに彼の機嫌が悪くなってきたのがわかりました。

(そ、そんな、泣きたいのは私も同じ)

 

「それじゃ、そこに入りましょうか」と彼が提案してきたのは、な、なんとハンバーガーショップです。

(どこでもイイ! もう、疲れた。早く帰りた~い)と心の中で叫ぶ彼女。

それで、二人で黙々とハンバーガーを食べて、即解散。

(お金もそれぞれが支払う)

二人とも修復できないほど不機嫌モードに突入していました。

もちろん、すぐにお断り。

 

これ、実際にあった話なのですが、実は、毎年夏になると似たようなことが必ず起こるのです。

私が何を言いたいのか、すでにあなたはおわかりですよね。

これ、お店を予約しておけば何ともなかったこと。

猛暑の中、お昼時に待ち合わせして、お店を探してアチコチ歩き回るのは【デート失敗パターン集】の一番てっぺんにくる最悪のパターンなのです。

私は何遍もブログにこのことを書きます。

こういうことがなくならない限りです。

 

ホント、せっかくご縁があって出会った二人なのに、ご縁を自ら台無しにしています。

初デートというのは、前以て準備してこそ、美味しいものを食べながら笑顔が多いデートになるのです。

 

もう一度言いますけれど、事前の準備が絶対に大切!

それでこそ、心に余裕が生まれるのです。

これが、初デートが成功するかどうかの分かれ道。

 

横浜の結婚相談所オフィス悠は横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩7分、相鉄線天王町駅から徒歩5分です。

お問い合わせ、ご相談は、お気軽にこちらへ

TEL: 045-744-6788