相手に好印象を与える「たった一文字」の違いとは

こんにちは。ぶれないお見合い婚活を目指す横浜・保土ヶ谷区の結婚相談所オフィス悠です。

これは以前男性会員さんが言っていたこと。

何かと言うと、デートで女性にご馳走するとき、これから美味しいものを一緒に食べようという気持ちが相手のたった一言で盛り下がることがあるそうです。

それは、メニューを選ぶとき「〇〇さんと同じものいいです」とか「〇〇いいです」と言われたとき。

ま、遠慮しているのかもしれないのですが・・・。

それにしても、この「~でいい」が人をガッカリさせる言葉だというのです。

彼によると、「選ぶのがめんどくさい(オーバーに言えば)」「特に食べたいものがない」といった否定的なニュアンスが含まれているように思えるのだとか。

それじゃ、どうすれば彼は気分がよかったのでしょうか?

それは、例えば「うわ~、これ、美味しそう♪ 私、これがいいです」という具合。

これ、どこが違うのかというと「これがいい」と能動的な気持ちが表れているところです。

「〇〇でいい」と「〇〇がいい」はたった一文字の違い。

けれど、確実に相手を気持ちよくさせるのは「〇〇がいい」なのです。

大事なことは、相手の気持ちになって一文字を吟味すること。

そうすれば、「~でいい」より「~がいい」と言った方が、相手の気持ちに添っていることになります。

たった一文字の違いで、あなたの印象度がアップすることは間違いなし!

 

横浜の結婚相談所オフィス悠は横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩7分、相鉄線天王町駅から徒歩5分です。

お問い合わせ、ご相談は、お気軽にこちらへ

TEL: 045-744-6788