【ご成婚者の声】短期間に結婚を決めるために心がけた5つのこと

こんにちは。ぶれないお見合い婚活を目指す横浜・保土ヶ谷区の結婚相談所オフィス悠です。

今月ご成婚退会されたKさん(37歳)が婚活しているとき心がけたことを書いてくださいました。

彼より、少しでも現在婚活中のあなたに参考になれば嬉しいとのことです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1.自分の気持ちに素直になること

結婚するのはあなたです。他の誰でもありません。

100人中99人がAといっても、自分がBと思えばBで良いのです。

自分の気持ちに正直になるのは大切です。

幸せを決めるのは他人ではありません。

 

2.こんな人がいいというより、こんな人とは一緒にいるのが難しいと考えよう

厳しいことを言うと、恋愛でなかなか結婚できないから、相談所を利用するのですよね。

理想ばかり追いかけるのは非現実です。

結婚するうえで最低限相手に求めるものを考えた方が現実的です。

 

3.とにかく会う

これは当然のことですが、とにかく会わないことには何も始まらない。

お付き合いに発展しなくても、初対面の異性の人と話す練習にはなるくらいの気持ちでお見合いをお受け   しました。

実際にお見合いすることになったときも、お互いに時間を取って来ているので、楽しい時間が過ごせればいいなという程度でした。

結婚を決めた女性は、お話していて居心地がいいなと感じる人でした。

また会ってお話したいなぁと思って何度か会ううちに惹かれていきました。

今では、離したくないし、別の人と結婚するなんて考えられないくらい好きです。

 

4.鴫原さんのアドバイスを聞いて

とにかくお見合いから数回のデートのスタートダッシュが肝心です。

もちろん納得いかないのに無理してアドバイス通りにしろとは言いません。

でも、そうかなぁくらいに思ったらアドバイス通りにやるのがいいと思います。

鴫原さんはベテラン仲人さんなので、安心して任せられます。

あと、お見合い本の一冊程度は目を通しておくとよいと思います。

参考になることもあれば、鴫原さんと同じことを言っているなと思うこともあります。

お見合いと言っても途中から恋愛に移ります。

お見合いは出会うきっかけでしかありません。

相手の気持ちが盛り上がっていないのに、好き好きと言っても逆効果です。

交際の状況を鴫原さんに話すことで、タイミングも計れます。

 

5.お相手に感謝の気持ちを忘れずに

もうこれはマナーです。

お互いに仕事のある中、貴重な時間を割いてお見合いに来ているのです。

感謝の気持ちを忘れずに。

期待と違っても楽しく過ごすという気持ちを忘れずに。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

短期間に結婚を決めたKさんの実践されたことは、どれも説得力がありますね。

そして基本に忠実です。

婚活しているあなた、ぜひ参考にされてくださいね。

Kさん、ありがとうございます!

 

横浜の結婚相談所オフィス悠は横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩7分、相鉄線天王町駅から徒歩5分です。

お問い合わせ、ご相談は、お気軽にこちらへ

TEL: 045-744-6788