自営業を続けて20年目に感じること

こんにちは。ぶれないお見合い婚活を目指す横浜・保土ヶ谷区の結婚相談所オフィス悠です。

昨日は定休日。コメダ珈琲店で今年の計画を確認する一人作戦会議を行いました。

それから、確定申告の準備のために午後からオフィスにやってきました。まったく、自営業というのは、まったく一日フリーということがないように思えます。休みでも何かしらやることがあるのです。

また、事務処理などは電話が鳴らない日に集中的にやった方が片づきます。そんなことで完全に休みというわけにはいかないのが自営業なのです。スタッフがいても何かしらやることがあります。

昨年、異業種交流の場で知り合った方がこんなことを仰っていました。

「長年、独立することが夢だったが休みでも何かしらやることがある。独立して2年、資金繰りやら何やらで気が休まることがない。今考えてみると、会社に勤めていたときの方が楽だった」と。

その方はまだ独立して2年ですから、軌道に乗るまではもう少しかかるかもしれません。

夢を叶えたまではよかったのですが、今度はまた乗り越える壁が立ちはだかってきたというわけです。

それでも、大変さとは別に一国一城の主となった自由さもあるはず。それを味わえるまでもう少しかかるでしょうけれど。

私の場合は、最初は自宅兼オフィスの時代が6年。それから保土ヶ谷駅近くにオフィスを借りて8年。そして相鉄線天王町駅近くにオフィスを自己所有して2年が経ちました。

その間、完全に休んだのは数日。今でも少し手を緩めたら今まで築いてきたものが足元から崩れていく様が容易に想像できます。

けれど、誰にも束縛されない自由さといったらどうでしょう。私は9時から5時まで働くシンプルなことが苦手ときています(苦笑)。

だから、自分で創意工夫を重ねて自分が自分らしく生きられる場を作っていくしかないのです。

今年も自営業を楽しんでいける瞬間が少しでも多ければ、それが私の幸せなのだと思います。

いい交際に発展している会員さんがいるので、神社にお礼の参拝をしてきました。

 

横浜の結婚相談所オフィス悠は横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩7分、相鉄線天王町駅から徒歩5分です。

お問い合わせ、ご相談は、お気軽にこちらへ

TEL: 045-744-6788