相手の話を否定して不愉快にさせる

こんにちは。ぶれないお見合い婚活を目指す横浜・保土ヶ谷区の結婚相談所オフィス悠です。

ずいぶん前の話ですが、私は女性会員さんのお見合いの席に同席したことがあります。私はお二人の共通の趣味が映画だったので、「一番感動した映画は?」とか「最近観た映画は?」と質問しました。

まず、男性がその当時話題になっていたアクション映画の話を生き生きと話し出したのです。そうしたら、彼女が「私もその映画観ました。退屈な映画でした」とそっけなく言いました。

その途端、彼の顔が曇ってきて次の言葉が出てこなかったのです。話の途中で腰を折られたうえに、否定されたのですから、さぞかし不愉快だったのでしょう。

この段階でお見合いは終わったも同然。

その後何の話を振っても、彼からは気のない返事ばかりだったのですから。

こういうことって、たまにあるんですよね。

別のお見合いでも、女性会員さんが好きな本の話をした時「その本、目新しいこと何も書いてないです。面白くもない」と真っ向から否定されたのです。

これには、ガーンときた彼女。

追い打ちをかけるように「ビジネス書ばかり読んでないで、小説を読みなさいよ」と。

よ、余計なお世話!と心の中で叫んだ彼女。その後の展開は推して知るべしです。

こんなふうに残念なお見合いになってしまったことがありました。

そもそも、人の好みは千差万別。

違って当たり前のはずです。

それを踏まえたうえで、自分には興味のない話題であっても「まずは聞くこと」が大事。

自分の好き嫌いとは別の次元で、違う視点に耳を傾けてもいいじゃないですか。

それを真っ向から否定していたら、相手の気分を害してお見合いどころじゃありません。

何万名の会員の中からやっと出会えた二人なのに、もったいない話です。

 

横浜の結婚相談所オフィス悠は横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩7分、相鉄線天王町駅から徒歩5分です。

お問い合わせ、ご相談は、お気軽にこちらへ

TEL: 045-744-6788