尽くし、尽くされるのが理想です☆

あなたが幸せに結婚するための秘訣♪横浜の結婚相談所☆鴫原三智子


女性の中には、「彼に尽くすのが生きがい、楽しい♪」


という人もいます。


尽くすことを本当に楽しんでいるならば、


それはそれでいいでしょう。



しかし、仕事を持ちながら肉体的や精神的に疲れを


感じているのに、彼のことをあれこれやらずには


いられない人が結構いるのです。



もし、あなたがそうなら 「尽くすことをやめたい。


こんな関係から抜け出したい」 と心の奥底では


叫んでいるのかもしれませんね。



つまり、「尽くさずにはいられない」 という


恋愛パターンにはまってしまっているのです。



それでは、尽くしすぎてしまう人の心理って


何なんでしょうか?


それは、


・彼に何かをしてもらうと、「うれしい」 と思うと同時に、

 

 「こんなことをしてもらって悪いな、何かお返しをしなければ」


 という思いに囚われてしまう


・自分が努力すれば、もっと愛してもらえる


などです。



これらはすべて、「私は今のままでは愛されるに値しない。


何かをしなければ、私は愛されない。受け入れてもらえない」


こんな風な考えが心の中にあります。


その結果、必要以上に尽くしてしまうんですよね。



一方、尽くされる男性側はどうのように思っているのでしょうか?



もちろん、尽くしてくれることに感謝します。


ただし、最初の頃だけという場合が多い。


なぜなら、だんだん 【束縛されている】 ような


窮屈な感じになってくるからです。


【束縛されている】 と感じると逃げ出したくなるのが


人間の心理です。



これは、「尽くすのが楽しい♪」 の人の場合でも、


もしかしたら相手は窮屈な思いをしているかもしれません。



だからこそ、「尽くし、尽くされる関係」 が理想なのです☆





ベル私の結婚相談所・オフィス悠HPです。

  ↓  ↓  ↓  ↓

神奈川 (横浜)東京の結婚相談所「オフィス悠」


気軽に遊びにきて下さいね音譜



携帯携帯サイトは、こちら  です。





 





⇒「オフィス悠」ホームページのトップへ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>