『口下手でも言いたいことが伝わるセミナー』無事終了しました!

CIMG3154

『覚悟力』の著者である藤堂昌恒先生が私のオフィスに来て下さり

セミナーを開催したのですが、2時間半にも及んだセミナーは

実に濃密な時間でした。

内容は、話し方の技術論ではなく、「『伝わる話とはどういうことなのか』」に

ついて焦点を当てたものでした。

早速、セミナーの一部の内容をご紹介します。

・ 「自分のこと」を知ってもらう(話す、伝える)

・ どんな思いで話すのか

どんな思いで、何を聞こうとするのか

聞くことも、話すことも、喋る前に「どんな思いで話すのか」

「どんな思いで聴くのか」

すべて「思い」がスタートである

・ 「相手の関心事」に興味を持つ。(共感する、受容する)

・ 「話の内容」ではなく、「相手の心の声(感情・気持ち)」を聴き取る

などです。

そのほか、笑顔を作るのには、顔の筋肉をしょっちゅう動かす練習をすること。

「ネタ」探しは(マンダラ法)で書きながら考える。

実に為になり、興味深い内容でした。

今日のお話をお見合いに生かすことが出来たら、ひとつひとつの出会いが

意味のあるものになります。

セミナーの内容をたとえ一つでもいいから実践することで、学びが血肉と

なっていくのです。

そして、藤堂先生の仰るように「ご縁」に感謝して、「ご縁」を楽しめるように

なれれば、婚活する人がほとんど経験する婚活疲れも違ってくるのでは

ないでしょうか。

CIMG3153

写真はセミナー真っ最中。

皆さんの熱気がびんびんと伝わってきました。

満員御礼!ありがとうございます。

CIMG3156

藤堂先生が参加者全員に『覚悟力』の文庫本を

プレゼントして下さいました☆

藤堂先生、セミナーに参加して下さった皆さま、

ありがとうございます!

【セミナーの感想】をいただきました。

・ 話すということが自分を知ることであり、相手を知ることだと

いうことがお話を伺っていて理解できました。

とても興味深く勉強になりました

・ 少人数でとてもアットホームで良かったです。

藤堂先生のお話はわかりやすく為になりました。

2時間半があっという間でした

・ 話すということは「思いを伝える」事なんだということが

勉強になりました

・ 少人数でじっくりお話を聞けて、大変参考になりました。

先生のお人柄からもパワーをもらえました

・ 「思いが先」という言葉には、気づきがありました。

それから、自分を好きになること、相手を裁かないということも

勉強になりました

・ 思いを持って、相手と話すことが大事で、思いがあると相手にも

伝わるということ

 

 

 

 

⇒「オフィス悠」ホームページのトップへ