月別アーカイブ: 2016年9月

自分はこうだと決めつけない

観察する

ずっと前にご成婚された男性会員さんが、ご入会の時に言った言葉。

「僕、女性を目の前にすると、口数が減っちゃうんですよねー」と。

目の前の快活そうな彼を目の前にして、「そんなことないでしょ!」と言った私。

そうしたら、「僕、オバサンは大丈夫なんですよ」ですって。 まったく、何て憎らしいこと(笑)。

しかし、彼がそんなふうに自己分析する割には趣味の話など楽しそうに、聞き手が興味をそそる

ような話し方をします。 それなのに、相手が違うと途端に口が重くなると言い張るのです。

だから、いままで婚活をしようなんて気が全く起きなかったとのこと。

けれど、年齢が40歳になり、いよいよ生涯独身を覚悟する前に一度は婚活をやってみたらと

親御さんに説得され私の相談所の扉を叩いたというわけです。

そんな彼が、いよいよ婚活スタート!

そうしたら、私が思った通り、楽しそうにお見合い相手とお話しているじゃありませんか。

多分彼は過去に何回か、たまたま相性のよろしくない女性と接して、話がまったく

弾まなかったという苦い経験を引きずった結果、自分自身に「口下手な男」とラベルを貼っていたのです。

本当に自分に制限をつけてしまうのは、自分を鎖で縛りつけてしまうのと同じこと。

そして、ついに彼の本来の実力が婚活の場で証明されたのです。

実際、女性は苦手と言いながら、これほど親しみやすい人はそうそういません。

それほどの人が「自分はこういう人間」と自分に自分で制限をつけると、行動がそうなって

しまうのですね。 これは、その人にとってもったいなんてものじゃなく、ものすごい

人生の損失です。

その後、彼はすぐに素敵な女性と出逢ってご成婚したんですよ。

 

 

眼力の強さが、あなたの婚活を狭める

%e3%83%a1%e3%82%ac%e3%83%8d%e3%80%80%e7%94%bb%e5%83%8f

結婚ということに限れば、年齢が若い時は相手をよく見なくても

勢いで結婚に至ってしまうことがあります。 それに対して、年齢が上がると、

相手が見えすぎて結婚に至らないという傾向があるのです。

社会で揉まれてさまざまな経験をして、なかにはある程度の地位について

部下を持っている女性もいます。

会社で自分の周りには役員しかいないという女性もいるのです。

そういう女性は、やはり男性を見る眼が肥えているのは当然。

彼女たちが婚活で苦戦するのは、その蓄積してきた知恵や経験で

相手を見てしまうからです。 もちろん、相手をよく見るのはいいのですが、

その鋭い眼力で相手の欠点をもよく見えてしまうから困りもの。

実際、相手と少し話した程度で「この人とは違う」と感じてしまうのです。

そうなると、それ相応の相手じゃないと物足りなくなってしまいます。

しかし、そういう人はたとえ存在するとしても、出会えない確率の方が

高いかもしれません。

当然、婚活市場が狭いものになってしまいます。

もし、あなたが相手の欠点をすぐに見抜く鋭い眼力の持ち主ならば、

「見ようとしている部分は結婚に必要な部分なのか?」をよく考えて

みるといいと思うのです。