月別アーカイブ: 2009年2月

「別れの言葉もメール…」

このお話も占い師から聞いたのですが、


恋人が愛を語り合うのもメール。


愛がさめたとき、別れを告げるのもメール・・・。



別れの時、相手から一方的に通告されるメール。


「もう会うのはよそう」


「わたしたち、別れた方がいい」


と。



そして、こちらからいくら連絡をとっても


相手の携帯がつながらない・・・。



心が傷ついて、どうしようもない気持ちを


どこにもぶつけようがなく、


彼女のところへやってくるそうです。



こういうときには、占いもいいですけれど、


まず会って話をすることが一番いいのですけれどね。



会って話をしているとき、相手の言葉の内容よりも


相手のジェスチャー(身振り手振り)と


声の抑揚(声のトーンが上がったり下がったり)


からの方が、情報をいっぱい得ていたりします。



会っているときには、会話内容の数倍、数十倍の


ことが、相手に伝わっているのです。



だから、会って話すのがコミュニケーションの最強の


手段なのです。



そりゃあ、会って別れの言葉を言われるのは、


とっても辛い。


言う方も辛い。



私にも経験があるし、あなたの気持ちがわかる。


だけれど、相手のとぎれとぎれの言葉や、


うつろな目を見ながら、

相手の真意を感じることができるはず。



でも、メールでのお別れの言葉といったら、


その裏にある、相手の気持ちがまったく伝わってきません。



一方的に通告される別れのメールからは、


相手の表情も声の感じも何も伝わってこないのです。



これでは、まるでパソコンや携帯の向こうから


いきなり、パシャーと冷たい水をぶっかけられた


ようなものではないでしょうか。




メールはとても便利な恋愛のツールです。



二人がラブラブなときには、優れもの。


一旦、関係が急降下したら、


情け容赦がないツールに早変わりするかも


しれないってこと・・・ 



日常生活にすっかり馴染んだ感があるメール、


しかし、基本的には 「冷たいメディア」 なのだということを、


頭の片隅にでも覚えておいてもいいでしょう。











オフィス悠のHPも見てくださいね☆

  ↓  ↓  ↓  ↓

神奈川(横浜)東京の結婚相談所「オフィス悠」













「メールを期待してしまう女性」

先日、お話させていただいた占い師の方の


お話によると、別にケンカしたわけでもないのに、


彼からのメールが来ないと不安になる という女性が


結構多いそうです。



ケンカしているわけでもないのに・・・。


どうして不安になってしまうんでしょうか?




それは、女性はコミュニケーションをとる際に


その頻度を重要視しているからです。



多くの女性はたくさんの連絡をとる中で、相手への関心の高さを示そうとします。



だから、一日 何通ものメールを彼に送るのです。



内容はといえば、以前知り合いの男性が話していたのですが、


仕事中に、彼女からメールがくるそうです。



「今日は一日雨だね」 とか


「お昼にうどん屋さんに行きました。とっても美味しかったよ♪」 などなど。



彼としては 「今日は一日雨だね」 と言われても、


「天気予報通りだな、だから何なんだぁ~」 という具合に思ってしまうそうです。


そこで、面倒くさくなりそのままにしてしまう・・・。



これが、女性同士でしたら、同じメールを打ったとしたら、


「雨、いやだねぇ~。ヘアースタイルが決まらないんだよね」


とかなんらかの返事がきたりします。



このように、女性にとっては、メールは 「あなたのこと思っていますよ」


という意志表示なのです。



しかし、男性にはあなたの思いが通じないことがあるのです。



どういうことかと言うと、男性はメールでのコミュニケーションを


女性ほど重要視していません。


前にも書きましが、男性にとってのメールとは、


相手に連絡事項を伝えるための手段、


だから、書く内容が思いつかなければ返事をしなくても


いいと思ってしまいます。



でもね。付き合った頃の彼は、たくさんのメールをくれたんです。。


とおっしゃる方がいます。



それは、男性は目的志向の方が多いですから、あなたと付き合うためや


気を惹くために日にメールを何通もくれた 


なんてこともあるのです。



ですけれど、お付き合いが始まれば、安心していままで


してくれたことをしてくれなくなる男性もいるのです。



このように、男女のメールについての考え方には、


大なり小なり違いがあるということです。



お互いに自分の考えが普通と思っているので、


そこに誤解が生じてしまうのです。



心配な女性の方は、彼に次のように質問してみてください。


「一日に何通くらいメールする?」


彼が10通くらいかな  と言ったとします。



その内訳は、 


仕事関係   7通


あなた     2通


その他     1通


だったとします。



一日10通のうち、2通があなただったら上出来ではないでしょうか。



このように相手の立場に立って考えると、見えるものがあります。



自分の常識と相手の常識が違うことがわかれば、


お互いにもっと歩み寄れますよね。



それが2人のうまくいく秘訣なのですから♪



オフィス悠のHPも見てくださいね☆

  ↓  ↓  ↓  ↓

神奈川(横浜)東京の結婚相談所「オフィス悠」