カテゴリー別アーカイブ: ■メール

モテる人の携帯術

スマホ

以前は彼から毎日メールが欲しいと言う女性が大部分でした。

私が知る限り、ほとんどと言ってもいいくらい。

それが、最近ちょっと変わってきました。

というのは、「毎日だとレスするのが大変」とか「会う前に確認メールでいい」

などと言う女性が増えてきています。

私は、メールが苦手という男性を集めて、効果的なメールセミナーなんて

いうのも開催したことがあるのですよ。

それほど、おつき合いに入ったら、距離感を縮めるために毎日のメールが必要

不可欠だったと言っても過言ではありません。

それが今じゃ毎日メールを欲しい女子もいるし、そうじゃない女子も増えてきているから、

もし、あなたが後者に毎日メールを送ったら、かえって距離感が遠くなるばかりです。

そうなると、相手に負担にならない好感度が高いメール術を考えなくちゃ!

例えば、こんなメールだったら、あなたは嬉しいはずです。

それは、夜、「ねぇ、ちょっと夜空をみて! 月がとってもきれいだよ~」という

メールでもいいし、道端に咲いている花を写メで送ってもいいし。

とにかく、文字数が少なくて、相手を和ませるようなメールがいいのです。

ネコが好きな人なら、ネコのメールを。

ワンちゃんが好きな人なら、ワンちゃんのメールを。

お弁当男子、女子だったら、手作りのお弁当を写メでおくったり。

心理学的にも、きれいなものや和むものを共有することで、信頼関係が

築けるのです。

これだったら、メール苦手女子も喜んでくれるはず。

 

思わず返信に戸惑ってしまうメール

0326スマホ

結婚相談所では、お見合いから、お互いにお付き合いをしたいという段階になって、

連絡先を仲人を通して交換します。

それから、男性からファーストコールをしてから、メルアド交換となるわけです。

さあ~、いよいよメールの出番。

ただ、ここでつまずいてしまう人がいます。男性が多いのですが。

デートをする前からメールのやり取りで行き違いが生じ、それで交際がジ・エンドと

なってしまうわけです。

それでは、一体どうしてこういうことになってしまうのでしょうか?

実際に私の相談所であったことですが、毎日スマホの画面いっぱいに夜遅くメールを

送信してきた男性がいました。

それが質問文がやけに多いメールなのです。

ですから、女性はそれに対して返事をしなければ・・・と思うわけ。

それが苦痛だと私に訴えてきたのでした。

というのは、毎日残業でクタクタになって、まだ距離感も縮まっていない男性からの

質問文満載のメールが送られるくると、それだけで苦痛になってきたと言うのです。

その上、返事が遅いと「なんで返信くれないの?」と催促してくるそう。

こういう事が繰り返された結果、彼女の方が「もう、無理」と根を上げてしまったのです。

それから、絵文字満載の解読不可能のメールもありましたっけ(笑)。

親しくなってからは、こういうことはないと思うのですが、今度は愚痴が多いメール

を送ってくる人がいます。 これまた、男性に多い。

これは、読む側にすれば、うんざりします。

なぜなら、ネガティブな感情は文字や言葉から伝染してくるからです。

誰でも、こんなメールばかりじゃうんざりするのは当然でしょう。

お互いの関係を深めるためのツールであるはずのメール、上手に使いこなせば

最強のツールであるはずなのですが、一番の難点は相手の立場に立っていないということ。

もし、メールが苦手ならば、出来るだけ会うことです。

最強のコミュニケーションは会って話すことなのですからね。